Guinga & Mônica Salmaso Quarteto in Osaka

IMG_9195
『ブラジルの至宝』と呼ばれる二人のミュージシャン、ギンガとモニカ(文中敬称略)のライブをビルボード大阪で観たのは、今月8日。
これを書くのにこれだけ時間が開いてしまったのは、あまりにも素晴らしく美しい音楽を目の当たりにしたので、すぐに言葉にはできなかったからだ。

そもそも音楽は、言葉や絵などに変換、可視化できないことを内包し、表現するものだから、当然こういった文章にはし難いし、言葉にした時点でその輝きを失ってしまうことが往々にしてある。
ただ、言葉にして初めて分かることもあるので、既に2週間以上経った今だが、あえて書いてみる。

まずは、今回の来日メンバー。
Guinga(ギンガ | Guitar & Vocal)
Mônica Salmaso(モニカ・サウマーゾ | Vocal, Percussion)
Teco Cardoso(テコ・カルドーゾ | Soprano Sax, Flute, etc.)
Nailor Proveta(ナイロール・プロヴェッタ | Clarinet, Soprano Sax)

ギンガとモニカの来歴はこちらの記事を参照ください。
https://tabi-labo.com/290464/saigenji-1

最初に直球な感想を書いてしまうが、期待値が異常に高かったこのライブだが、それを全く裏切るどころか、想像を遥かに超える素晴らしいライブだった。

ワクワクして登場を待ち、彼らの準備ができた刹那、息を詰める。

ギンガがイントロを弾き、そしてモニカの第1声が空間に放たれた瞬間、ゾワっと電気のようなものが走り、その後は食い入るようにステージ上の演奏家たちを見つめ、わずかな音も聞き漏らさないように耳をそばだてて、気付いたらアンコールを含めた90分間のライブが終わっていた。
あっという間だった。

若い頃からブラジル音楽が好きで結構聴いていたし、いろんなアーティストのコンサートにも行ったが、そのどれとも違う気配と景色を持った音楽。

この卓越した4人のミュージシャンは、音楽への集中を絶やさず、ひたすらじっくりと必要な音だけを選びとって演奏していた。
ライブは観るものだが、音楽の場合、一番重要なのはやはり音で、それが素晴らしければ素晴らしいほど、他の要素は不必要になるか、下手をすると邪魔になる。

彼らは、観客へのサービス的なパフォーマンスは一切せず、いや、ほんの少しテコがパフォーマンスに気を使っていた一瞬があるが、それとて奏でている楽器の特質上必然的に付随する類の所作で、決して饒舌な『パフォーマンス』ではなかったし、もちろん音を邪魔することは全くなかった。

『これが音楽のライブだ!』そう思わせてくれるライブには、そうそうお目にかかれない。
舞台装置や照明が発達した今、目からの情報で圧倒させるステージがほとんどだ。
ただただ、ステージに乗っている演奏家の音を聴いていれば、それだけでどんな舞台装置や照明より素晴らしい光景、景色を見せてくれるのが素晴らしいミュージシャンだ。

鳥の羽ばたきと囀り、大河の流れる音、星の煌めき、陽光が燦々と降り注ぐ雲ひとつない空…
数え上げればきりがないほどの、様々な風景や実際には鳴っていない筈の音が見え聞こえて来た。

眼前で繰り広げられるステージは圧巻の一言で、自分が理想とするこのステージ、この時間が終わって欲しくない!とずっと思いながら必死に聴いていた。

ギンガのギターや作曲、その独特のサウンドは、自然と彼が求める和声を探した結果に過ぎないので、コードやメロディが思いがけない進行をし、内声が微妙に動いても、聴こえてくる音はとても自然で美しい。
ギタリストは和音を奏でるのに、とかくコードフォームに縛られてしまうが、作曲家であるギンガのギターにはそれが感じられない。
特にアコースティックギターの妙味として、開放弦の響きや、変則チューニングがあるが、私の周囲にそういった演奏をする人がギタリストにもシンガーソングライターにもいて、ハーモニーの雰囲気や音のぶつけ具合に既視感(既聴感か)があったり、あるいは武満徹の作曲やアレンジしたビートルズの曲だったりに近い響きの瞬間を感じたりと、初めて聴く曲がほとんどだったが、耳に対する違和感は全然なく、とても心地よく脳髄に沁み入るサウンド。
とは言え、やはりブラジルの伝統的な音楽と、作曲的にはアントニオ・カルロス・ジョビンからの影響も強く感じた。
不協和音や意外な転調というのは、音楽を聴く時に最重要なことではないのだが、現代ブラジル音楽界随一の作曲家と言われるギンガの楽曲やギターは、噂に違わずどれもこれもオリジナリティに溢れクリエイティブで美しいものだった。

このクアルテートの中心に在って、常に光を放ちながら、楽曲の髄を捉えて、まるでベースラインのように音楽全体を引っ張り、進むべき方向を指し示していたのが、他ならぬボーカルのモニカだった。
パンフレットに、モニカの言葉「私は伴奏するような気持ちで、ステージに一緒に立っていた。歌というのは、そういうものだと思っている」が書いてあり、開演までの時間にそれを読んだ私は「それは私にとって理想的な歌」だと思っていたが、モニカはそれ以上だった。
神秘的、深遠、と評される彼女の歌は、ピッチ、リズム、発声、言葉、そのどれもがパーフェクトに、そこに在るべき形で歌われる。
言葉にするとシンプルだが、そんなボーカリストにはそうそうお目にかかることができない。
ギンガは彼女の声を守り神と表現している。
『自分の音楽を神聖にしてくれて悪いものを寄せ付けないようにしてくれる』

モニカがフロントでありながら全体を包み込んでいるのと同様に、管楽器の二人もバッキングでありつつモニカの声と同化してフロントとなり、ある時はユニゾン、ある時は織り成すハーモニーが3つの声のように唄い、あるいは4つ目の声すら聴こえてくる瞬間があった。
天に向かって放たれた音が反響してキラキラとした何かを降らせる瞬間もあった。
あるいは深淵から、静かに響いてくる蠢きもあった。

ナイロールを観ていて、演奏やその吹いている姿が、日本一のソプラノサックス奏者だと私が思っている塩谷博之さんとダブる瞬間が幾度かあった。

ギンガも含めた4人のユニゾンやハーモニーも素晴らしかったのは、もちろんだ。
4人が、コンボになったり、オーケストラになったり、弦楽四重奏団になったり、ビッグバンドになったりと、様々に変態するのも、この日の醍醐味だった。

とにかく、このクアルテートのメンバーは音楽が第一義で、自己をひけらかせたりすることがないのに、それぞれ個性的で独創的で、終始創造性豊かな音楽そのものを演奏し、演奏する喜び、聴く喜び、音楽の時間を共有させてくれた。
本当に行って良かった。
いやこれは絶対に外してはいけないコンサートだったと、3週間が経とうとしているが、確信を持って言える。

ギンガさん、モニカさん、テコさん、ナイロールさん、そして主催のギンガ&モニカ・サウマーゾ来日ツアー実行委員会の皆さんに感謝したいのと、ツアー後、行われたレコーディングによるクアルテートのアルバムの完成と発売を心待ちにしています。

終演後、ブラジリアンのお二人、ギタリスト山口良夫さんと、久しぶりにお会いしたベーシストの岩田晶さんと記念撮影。
IMG_9196

広告

11月のライブスケジュール

この月は、中旬にライブがありません。
その間は、自分のSOLOの音源ミックスダウン等、引き蘢り作業に潜伏します。

ともあれ、絶対聴いて欲しい、観て欲しいライブがいっぱいです。
特に11月BIG APPLE 24周年記念初日のSOLOは、インプロと弾き語りが一度に観れる、一粒で二度美味しい状態です。
万難を排してのご来場をお願い致します。

更に、東京からツアーのお二組、蜂谷真紀さんの【HANA●TORI】さんと、ボサノバの柴田奈緒さんとのライブも必見必聴です。

それ以外にも、面白い楽しい素敵なライブが満載。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

BIG APPLE The 24th Anniversary Special Live 月間!!
『島田篤SOLO二態』
~弾き語り Inner Song vs インプロヴィゼーション Innerscape~

profile
2013/11/01/FRI open 18:30 / start 19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥1800/当日¥2000(+1drink)
●出演:島田篤(vocal,piano)
♪今年もやって来たんですね、このシーズンが。
 BIG APPLEの周年記念月間、今年は全くの一人きりでやります。
 前半はインプロ、後半は弾き語り、なかなか無い組合せなのでこの機会を逃すな!!

Inner Song島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

2013/11/02/SAT open 18:30 / start 19:30
京都 木屋町【わからん屋
 ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:島田篤/理恵
♪11月は中旬にライブが出来ません。
 前夜のBIG APPLEと二日連続のソロ、よろしくお願いします!

大倉詩乃美DUO
2013.9.25.shinomin
2013/11/03/SUN open 18:30 / start 19:30
京都祇園【JOHNNY ANGEL
 ・・・京阪『祇園四条』駅より東へ徒歩6分
 080-4200-8846 京都市東山区祇園町北側281-1 祇園ファーストビル5F
チャージ¥1500 (+1drink)
●出演:大倉詩乃美(vocal)+島田篤(piano)
♪このDUOでのジョニーエンジェル第2弾です。
 今回はどんな曲が飛び出すか、乞うご期待!!


【HANA●TORI】西日本ツアー
対バン:Inner Song島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

hana・tori   

2013/11/19/TUE open / start 19:30
京都四条河原町【巴里野郎
 ・・・阪急『河原町』駅1番出口より南へ徒歩3分、一つ目の信号を左
 075-361-3535 京都市東山区四条河原町通下ル三筋目東入ル市之町239-1 柳川ビル2F
チャージ¥3000 (+1drink)
●出演:【HANA●TORI】田中信正(piano) 蜂谷真紀(vocal,voice,compose)/島田篤(vocal,piano)
♪蜂谷さんサイトより…
《2人は音で空飛び、絵を描き、踊り狂い、 迷宮をさまよい、
海にたどり着き…眠る。》 ハチヤオリジナル曲の旅。DUOの進化形。
 …ということで、東京から西日本ツアーの【HANA●TORI】さんとの対バン。
 必見、必聴のライブです!!


陽気で愉快なコンサート
塩谷博之(s.sax,clarinet)
   柴田奈穂(violin)    島田篤(piano)
     naho_image  
2013/11/24/SUN open 18:30 / start 19:00
岐阜【岐阜市文化センター 音楽室】
協力券:前売¥2800/当日¥3000
♪「あまりに美しく時にストイックさを感じさせる至高の音色、ソプラノサックス奏者 塩谷博之さん。華麗さの中にひたむきさと力強さを内在する、バイオリン奏者 柴田奈穂さん。そして変幻自在のテクニックと発想豊かな即興を奏でるピアノ、キーボード奏者 島田篤さん。3人が奏でるジャンルに捉われないハーモニーは新しい音楽の楽しみ方を教えてくれるかも知れません。」
以前よくお世話になっていた森下さんが、またまた素敵なライブを企画してくださいました。
こちらのFacebookのイベントページを参照ください。より詳細な情報が載っています。↓
https://www.facebook.com/events/624598680903815/?ref_dashboard_filter=upcoming
【お問合せ】090-8670-8094(森下まで)

BIG APPLE The 24th Anniversary Special Live 月間!!
『つながり旅Bossa 関西ツアー』

naophoto2
2013/11/27/WED open 18:30 / start 19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2000/当日¥2500(+1drink)
●出演:柴田奈緒 島田篤(piano)
♪お久しぶりの柴田奈緒さん、関西ツアーの初日にご一緒します。
 ボサ好きな方は是非!
 そうでもない方も彼女の歌声とギターで癒されに来てください!

たがみひろやす(vocal,guitar)with島田篤(piano,chorus)
     
2013/11/28/THU open 18:30 / start 19:30
京都 木屋町【わからん屋
 ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:出雲麻紀子/たがみひろやす+島田篤/山崎錦昇withきこく亭朝枝
♪7月と同じ組合せの再演。
 それぞれの個性が違い、とても楽める一夜です!

ハルモニア @神戸BIG APPLE

発端は6月。
BIG APPLEで毎月第1土曜日に美術家の山口和也さんが行っているライブペインティング『KAKIAIKKO』に参加した終演後。

毎月一人のゲストを招いての即興ライブペインティングで、塩谷さんの話が出て私が言った「一音で空気を変える」という言葉に、向うで話していた山口さんが反応して、何回か誘ってはいるけれどなかなか実現しないので無理かも知れないけど誘ってみよう!ということで、塩谷さんに「もしこれがOKならば他にもこれこれを組んで見たいんですが」とメールをすると「貴兄に任せる」という返事が。

ということで実現したBIG APPLE 23rd Anniversary 月間最初の 塩谷博之3days。

『ハルモニア』
2012/11/01/THU @神戸BIG APPLE

出演:塩谷博之(clarinet, s.sax) 柴田奈穂(violin) 島田篤(piano)

  • 1st.
    1. Scene Of White
    2. 手紙 #1
    3. 手紙 #2
    4. 手紙 #3
    5. 南仏の養老院
    6. notlim
  • 2nd.
    1. Lirycie
    2. Moon
    3. 蜃気楼
    4. 小さな手
    5. 題不明
    6. Farewell, Far Well

    続きを読む

    ナガオクミRec.

    昨日は中村よおさんのレコーディングだったけど、それは後日に譲って。
    遡ります。

    ナガオクミのレコーディングが先月末〜今月頭に。
    今、一緒に音楽をする中で、一番ではないけれどかなり旧くからの付き合い。

    スースーハー:バンド的なというコンセプトで私がアレンジをするユニットのライブを年一回ぐらいのペースでやっているが、そのユニットで春頃デモ録音をし、今回CD制作に向けてのレコーディングへ。

    メンバー:ナガオクミ(vocal) 島田篤(piano) 清野拓巳(guitar) 福井BIN(bass) 岡部わたる(drums) 武井努(sax,flute) 瀬戸一成(trumpet)

    ゲスト:瀬戸信行(clarinet) 道下克己(flugelhorn) 続きを読む

    塩谷博之+柴田奈穂+島田篤『ハルモニア』

    翌日は昼からリハーサルなので、あまりゆっくりん寝ていられなかったが、思ったより早く目覚めたので腹ごしらえすることに。

    駅前商店街の中にある回転寿司店、築地に本店があったと思う「ちよだ鮨」でちょいとつまんで出かける。

    リハ会場は、東京の北の端の方の成増にある。
    そこで、リハをやり、わりとあっさり終わったので「ハローハッピー」というお店へ案内してもらう。
    そこが楽園のような異国のような、店内に入るともう何処だか全然わからない。
    マスターが通りがかりの人に「ハロー!」と声をかけられると「ハッピー!」と必ず応えるという話を聞いて、是非行きたくなったのだが、正にそのままで何と素晴らしき哉!!
    で、店の奥から何やらごそごそと取り出して来たのが蓄音機。 続きを読む

    たがみひろやす @わからん屋

    かなりの好評をいただいているたがみさんとのDUO。
    私の京都のホームグラウンド、わからん屋デビューしました。

    たがみひろやす(vocal,guitar)+島田篤(piano,chorus)

    2012/03/09/FRI @京都木屋町【わからん屋

    ●出演:風花/たなかきょう/たがみひろやす+島田篤

    1. 君に伝えたいことがある
    2. メリークリスマス
    3. 微笑みに包まれていたいから
    4. 終わりのない旅
    5. 六月の雨
    6. 夢物語

    たがみさんはこれまで京都とは縁がなく、10年以上前にRAGに出たっきりで、京都デビューと言ってもいいぐらい。

    この素敵なシンガーソングライターをわからん屋さんに紹介出来るのは、とても楽しみでした。 続きを読む

    3月のライブスケジュール

    充実していた2月のライブも終り、春めいた空気も匂ってきた3月も楽しみなライブがいっぱいです。

    中旬には東京へ行きますので、関東方面の皆さん、チェックしてスケジュール帳に書き込んでください。

    たがみひろやす(vo,gt)with島田篤(pf,cho)
         
    2012/03/09/FRI open18:30/start19:30
    京都 木屋町【わからん屋
     ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
     075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
    前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
    ●出演:風花/たなかきょう/たがみひろやす+島田篤
    ♪充実しているたがみさんとのDUO、ついに京都進出です。
     人間味溢れる唄を是非生で聴きに来てください!

    『光の船は海へ出る』

    2012/03/11/SUN open18:30/start19:00
    目黒碑文谷【APIA40
     ・・・東急東横線「学芸大学」駅、徒歩約8分
     03-3715-4010 目黒区碑文谷5-6-9 サンワホームズB1
    前売¥2500/当日¥2800 (+1drink)
    ●出演:測量船 [小池真司(vocal,guitar) アベヒロシ(bass) 柴田奈穂(violin) 島田篤(piano)、GUEST:三角みづ紀(vocal)]/堀内幹(vocal,guitar)
    ♪今年もあの日にやります。
     どうか、富士山よ、噴火しないでくれ!!
     海よ、割れないでくれ!!

    「みっつのひとり」

    『Inner Song』島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

    2012/03/12/MON open18:30/start19:30
    渋谷【Last Waltz by shiosai
     ・・・JR『渋谷』駅南口より徒歩7分
     03-6427-4651 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1
    前売¥2000/当日¥2500(共に+1drink)全席自由
    ●出演 :山田庵巳(vocal,guitar)/あしりれら(vocal,accordion)/島田篤
    ♪~アコーデオン、ピアノ、ギター。みっつの楽器と会話するひとりとひとりとひとり。~
     クリスマスイブにさねよしいさ子さんと朗読ライブをしたその日このライブが決まりました。
     とっても楽しみです!

    【ご予約・お問い合わせ】Last Waltz by shiosai まで。
    メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
    1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
    を送信して下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

    『ハルモニア』
    島田篤(piano) 塩谷博之(s.sax,clarinet) 柴田奈穂(violin)

          
    2012/03/13/TUE open19:00/start20:00
    大泉学園【in F
     ・・・西武池袋線「大泉学園」北口下車徒歩5分
     03-3925-6967 東京都練馬区東大泉3-4-19 津田ビル3F
    charge¥2500(+order)
    ♪美しく結合する三者三様の音色から生まれる、色彩彩の即興的室内楽を。

    『Inner Song』島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

    2012/03/17/SAT open18:30/start19:30
    京都 木屋町【わからん屋
     ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
     075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
    前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
    ●出演:森本昌彦/ひとりバンケット/島田篤
    ♪3ヶ月連続です!

    Velvet Moon 50th Aniversary

    2012/03/19/MON open18:30/start19:00
    京都【UrBANGUILD
     ・・・京阪『三条』駅から西へ進み木屋町通りを南に約150M
     075-212-1125 京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F
    ●前売¥2000/当日¥2300(1drink付)
    ●出演:
     今貂子(舞踏) + 仙石彬人(TIME PAINTING,visual) + ryotaro(sound)
     竹ち代毬也(dance) + 島田篤(piano)
     きんとと + Yuri + 倉田憲一
     s l o n n o n + sonsen gocha bacco
    ♪以前から何かご一緒したいと思っていた竹ち代さんからお誘いいただいたのは、50回目を迎えるUrBANGUILDの名物イベントVelvet Moon。楽しみです!!