祭が起こって

久しぶりに、スケジュールアップ以外でブログを更新する。
先月末のライブ『祭の起』のことを、どうしても記しておきたかったからだ。

桑原滝弥さん(以後タッキーと呼ぶ)とは、10年以上前に名古屋のTOKUZOというライブハウスで出会った。
(検索してみると、それは2003年1月17日のことだったとTOKUZOのサイトに記されていた)
その日、私は歌人福島泰樹さんの『短歌絶叫コンサート』で出演、その日のOAというかTOKUZOイチオシの詩人が2人朗読をしてくれたうちの1人が、その頃はまだ名古屋界隈にいた(今は東京)タッキーでした。
終演後、例によってTOKUZOで打ち上げが始まり、(私は酔っ払っていたので)その日のことは実はタッキーの方が詳しく覚えているけれど、福島御大がタッキーのことを「きみは本物だ」と誉めつつも「情を書こう」としきりにすすめていて、それを聞きながらもイマイチ腑に落ちなかった私は、こそっと「でもそういうことを避けて、いろいろ削ぎ落としてやってるんだもんね」みたいなことをタッキーに言って、なんとなく打ち解けた感じになってから、お互いのライブを観に行き合うようになり、一緒にステージをやったりするようになって、そして2014年10月13日、ついにソロvsソロで相見える日が来た。
その筈だったのだが、颱風襲来でライブは中止になり、いつかリベンジをと思っていて、ようやく実現する運びになったのでした。

中止になってからずっと気になっていたライブだったので、この日を迎えるにあたって心の奥底でいろんなことを思いつつも心静かに当日を迎えた。
こういう日は、良いライブになるのが常で、あまりにも平常心なのは駄目だけれど、いい感じで年月が醗酵させてくれた感覚を得ていた。
当日会場入りして会うやいなや、お互いが好きな格闘技の話になり(この辺をいきなり振ってくるのがタッキーらしい)、少し各自のリハーサルや段取りを決め、タッキーとこの前日7/30に開かれた、ポエトリースラムジャパン大阪大会の主催者・詩人の河野宏子さんが来てくれたので某有名珈琲チェーン店で小腹を埋めて本番を迎えました。

2017.7.31. @BIG APPLE
『祭の起』
桑原滝弥(詩) 島田篤(音楽)
1st.
1. 線香花火
2. 天使
3. 僕はいくよ
タッキーSOLO
2nd.
タッキーSOLO
1. ささめごと〜いっしょ
(2. 初月かすむ)
3. I had a dream
4. こもごも
5. 塵の記憶
6. 祭の起(タッキー朗読〜島田唄)

お互いのソロをたっぷりと最後に2人で、という構成。

タッキーは、1stセットで普段あまり読まない雑誌連載中のエッセイを読み、2セット目は「祭の起」のあとに出来た「そして祭が生まれる」を中心に、しっかり大地に根を張ったステージ。
朗読はとても奥深いもので(どんな表現もだが)、実は数日後に朗読を半分くらいやるライブを控えていたけど、今回のタッキーを観て肩の力が抜けたような気がした。


タッキー自身が、
「これまでに経験したことがなかった不思議な感覚を味わった」
とブログ(桑原滝弥情報ブログ)に書いてくれているのと同様、私もまた不思議な感覚や、いろいろと見えたこと、わかったことがある。
具体的にはここには書かないけれど、これは今後しっかり自分の中に息づいていくものだ。

「詩を詠むように、絵を描くように」音楽をするのが理想だと思っている私と、音楽や芝居という舞台を経て詩に向き合うタッキーと。
地味に、でも確実に自分の実になったと思えるライブを出来たのは誇らしい。
またいつかはわからないけど、機が熟したらまたやりたいと思う。


このライブの動画を、お客さんのSさんがアップしてくださってます。
(Sさん、いつもありがとうございます!)

これは俳句のように言葉を連ね唄にした「初月かすむ」。

タッキーが詩を書き、私がそれに曲を付けた、今回のライブタイトルにもなっている「祭の起」。
不思議な詩で、それが私への当て書きみたいになってると感じるところもあったので、唄っている最中いつもとても不思議な感覚に落ち入る曲。
この詩の成立した背景を、この日タッキーが話してくれて、益々不思議な感覚が増すのと、背景を唄うのではないけれど、真っ白だった自分の中に確かな拠り所というか支柱ができたのを感じた。
タッキーの朗読から、私の唄へと繋がっています。

最後になったけど、この日この時空に居合わせた皆さん、気にかけていただいた皆さんに感謝を!!

広告

2015、年末のご挨拶

本格的な冬がやって来て、本格的な冬支度を整えました。

昨年は出さなかった灯油ストーブを使おうと、まずは一昨日灯油を買いに行き、押し入れからストーブを出すと壊れていたので、昨日新しいのを買いました。
昨今いろんな暖房器具がありますが、やはり実際に火を燃やすものがやはり一番あたたかくなります。
中でも灯油、、いやいや私の年代では石油ストーブの方が通りがいいし言いやすいので言い直します、中でも石油ストーブは部屋全体があたたまると、切った後も壁や天井が温もっていてそれほど冷え込まないのがありがたいし、乾燥気味の部屋の湿度も保たれる。
おまけに薬缶でお湯も沸かせるので、作業中にお茶をいくらでもその場で補充できるのがとても嬉しいのです。

てなわけで、真っ赤に燃える炎、、、ふふふ綺麗。
石油ストーブ



今年もいろんな場所でいろんな方々と出会い共演しました。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

来年もマイペースですが、しっかりとした音楽をお届け出来るように精進いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

来年また新たに出会える人や場所を楽しみにしつつ、今年の更新はこれにて終了させていただきます。

来年1月も第2土曜日から早々にライブが始まります。
以下簡単に記しますので、またチェックして予定に組み入れていただければ幸いです。


『新春DUOなおめでとう~ナガオクミDUO企画総集編!』
kumi duo 2016
2016.1.9.SAT. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE】
●出演:ナガオクミ(vocal) 島田篤(piano) 池田安友子(percussion) カオリーニョ藤原(guitar.vocal) 西島芳(piano) 平井将人(guitar) 初村純一(guitar) 清野拓巳(guitar) 山下真理(vibraphone)


島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO – Inner Song
Inner Song 2016 Jun~Feb
2016.1.10.SUN. open 18:30 / start 19:30
京都木屋町【わからん屋】
●出演:山下健/チェルシーズ/島田篤


HOLLY & KAKO
2016.1.16.SAT. open 19:00 / start 20:00
祇園【JOHNNY ANGEL 京都】
●出演:HOLLY, KAKO(vocal) 平山國次(guitar) 島田篤(keyboard) 桑原正(bass) 田中俊二(drums)


仲豊夫/丸岡マルコ淳二/島田篤
仲マルコ島田2016.1.23
2016.1.23.SAT. open 18:00 / start 19:00
六甲道【フォロ・ロマーノさとる】
●出演:仲豊夫(vocal,guitar) 丸岡マルコ淳二(vocal,guitar) 島田篤(vocal,keyboard)


「Take It Easy Vol.2」たがみバンド
 tagami_cd
2016.1.26.TUE. open 18:30 / start 19:00
梅田【AKASO】
●出演:たがみバンド [たがみひろやす(vocal,guitar) 島田篤(piano) 仲豊夫(guitar) 福井ビン(bass) 藤井良(drums)]/遥華 with 水守祥吾/油谷享志/岡村雄大/パーカーノットヘイト


Penguin
2016.1.27.WED. open 19:00 / start 20:00
姫路【Layla】
●出演:【Penguin】平井将人(guitar) 島田篤(piano & keyboard) 大嶺泰史(electric bass) 松田”GORI”広士(drums)


Gutti谷口、還暦王手バースデイライブ!
1/30 Gutti Anniversary eve night
2016.1.30.SAT. open 18:30 / start 19:00
大阪福島【THIRD STONE 福島店】
●出演:Gutti谷口(guitar)大上留利子(vocal) Nacomi(vocal,guitar) 仲原いずみ(vocal) Masanobu Nomio Shirai(guitar) 土谷ズンタ(bass) 梅本啓介(drums) 堂地誠人(Sax) Dokachin(photo,voice) 利久(art parformer) 島田篤(keyboard)


詳細は下記リンクをクリック願います。
https://shimalog.wordpress.com/schedule/


では、良いお年を。

島田篤拝

島田篤(vocal,piano)SOLO – Inner Song

振り返り動画シリーズの一応ラストです。

12/10、神戸BIG APPLEで行った弾き語りSOLO – Inner Songから4曲。
楽しんでいただけたら幸いです。


「手の鳴るほうへ」
ピアニカ吹き語りからピアニカ独奏両手弾き〜ピアノへ移り、最後は口笛も。




「アンモナイトの夢」
ループとガジェットを使い、不可思議な歌詞の世界を押し広げます。




「pianica waltz」
鍵盤ハーモニカのループとピアノ伴奏に乗せたこれも不可思議な唄です。




「初月かすむ」
この曲はピアノと向き合い、俳句や詩を詠むように演奏します。



島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO – Inner song

2015.12.10.THU. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神「元町」駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥1800/当日¥2000(+1drink)
♪ガジェットやループを用い幻想的な空間を創出する希有なピアノ弾き語りソロ Inner song
年内のループ納めでしょうか?

次回、神戸BIG APPLEでのInner Songは、2016年2/5(金)です。
どうぞ、ご来場のほど、よろしくお願いいたします。

『Ghost Dance』測量船&どるたんユニット

振り返り動画シリーズ第3弾です。
11/21、『Ghost Dance』と題された、小池真司さんのユニット・測量船と、どるたんさんのユニット、@東京学芸大学APIA40より。

測量船から2曲続けて「ジャンヌ〜死者の書」
背景の絵は小池さんが描いたもの。

どるたんユニットからは「電気のダンス」。
これは昨年どるたんさんがとある人の詩を気に入って曲を付けた楽曲で、レコーディングでピアノなんかをダビングしましたが、今回初生演奏でした。


『Ghost Dance』
koike ishizuka toshiaki dorutan
2015.11.21.SAT. open 18:30 / start 19:00
目黒碑文谷【APIA40
 ・・・東急東横線「学芸大学」駅、徒歩約8分
 03-3715-4010 目黒区碑文谷5-6-9 サンワホームズB1
●出演:
測量船[小池真司(vocal,guitar)+島田篤(piano)+石塚俊明(drums)from頭脳警察]
どるたん(vocal,guitar)withしゃあみん(cello)+ルイス稲毛(bass)
ON(vocal,guitar)
藤原歩(vocal,guitar)
♪2013年の3月以来のAPIA40、二日目は小池真司さんの測量船!
今回は最小編成でドラムのトシさんとです。
そして私は不思議軍のどるたんさんとも共演します。
この日も猛烈に楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします!

Sweet area Reunion Live!

動画で振り返る2015年シリーズ第2弾。

12/3、心斎橋のSaop opera classicsで行われたSweet area Reunion Liveです。

私はサポートとして参加したこのライブ。
当時新しい日本のポップスを作ろうとしていたバンドの面々の円熟味を増した演奏と、当時を知る満員のお客さん達でとても良いライブが作れたと思います。

動画は Sweet area の当時を知る池田さんが撮影、アップしてくださっているので、全部貼付けておきます。
こちらの動画は曲ごとですが、1ステージ丸々というのもあるので、MC込みでどんな雰囲気だったかもっと観たいという方はそちらもまたご覧ください。

Sweet area
Reunion Live!

sweet-area20151205
2015.12.3.THU. open 18:00 / start 19:00
心斎橋【Soap opera classics
 ・・・地下鉄「心斎橋」駅より徒歩3分
 06-6121-6688 大阪市中央区西心斎橋1-6-8 トムズハウス4F
前売¥2500/当日¥3000(+1drink&1food:¥1100)
●出演:カルロス菅野(percussion,vocal) 平山國次(vocal,guitar) 中井葉子(piano,vocal) 泉尚也(bass,vocal) 平山修三(vocal,drums) 島田篤(vocal,keyboard)
♪伝説のバンドSweet areaのメンバーが30数年ぶりに集結!
私はサポートキーボードで参加、6人で上質のPopsを聞かせます。

続きを読む

MICRO COSMOS 2015 “Spelunker”

年も押し詰まって来ました。
年内のライブを振り返って、いくつか動画を紹介するシリーズとして。

第1弾は、11/8、神戸BIG APPLEにて行われた、映像と音の響演 MICRO COSMOS 2015 “Spelunker” の動画です。

10年ぐらい以前に始めたこのライブシリーズ・MICRO COSMOS ですが、昨年からBIG APPLEさんの要望もあり、再び小倉恒夫の映像と、KYAというバンドを組んでいた古くからの相棒、木内健弘(bass, raptop) と私島田篤(piano, accordion, gadget) の音で、時にシリアスに時にはコミカルにお送りするライブ。

1st.setは、最初のコラボ作品の再演。
再演と言っても音は即興なので、前回とはまた違う作品になったと思います。

2nd.setは新作、今回のテーマは洞窟探検。
洞窟ならぬトンネルでのロケを敢行した小倉の映像に、即興での音響が混沌とした世界を描きます。

どうぞ、ご覧ください。






MICRO COSMOS LIVE 2015
“Spelunker”

micro cosmoso 2015
2015.11.8.SUN. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神「元町」駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2500/当日¥2800(+1drink)
●出演:小倉恒夫(映像) 木内健弘(bass,electronics) 島田篤(piano,gadget)
♪BIG APPLEのアニバーサリー月間。
毎年、普段とは少し違うことをして欲しいという店主近藤さんの希望でいろいろやっています。
昨年に続いて、映像と音のコラボレーション・MICRO COSMOSを今年もやります。
毎回、時事ネタ等いろんなことを盛り込んだ小倉恒夫の妄想映像が火を噴きます.
今年のテーマは洞窟探検?!
どんな映像が来るかは当日まで私も知りません。
楽しみです!!

6/22 中林憲昭追悼ライブ

ちょうど1年の節目に、中林さんと様々な時代に関わりがあった、こんなに忙しい面々のスケジュールが合うのも凄いことだなあと思った。

nakabayashi_tsuitou
左から(敬称略)
カルロス菅野(vocal)(飛び入りでした)、中島教秀(bass)(この写真撮影時には既に次の現場だったので合成です)、沢村光(operator)、田村賢一(cello)、清水興(bass)、西島芳(piano)、清水武志(piano)、泉尚也(bass)、中林布欣子、平山修三(vocal,drums,guitar)、平山國次(guitar,vocal)、島田篤(piano,vocal)、武井努(sax)、梅本啓介(drums)

2015.6.22.@心斎橋Soap Opera Classics


中林さんと初めて会ったのは、彼の楽曲「Shampoo」と「Is it you ?」のデモを録った時。
ギターの平山國次さんの紹介だった。
國次さんがアレンジを施し、NANIWA EXPのベーシスト・清水興さんが立会ったそのレコーディング。
國次さんのギター、サックスの塩谷博之さん、コントラバスの中島教秀さん、ドラムスの梅本啓介さん、そして私というメンツ。

その後、そのメンバーでアコースティック楽器でロックをやるというコンセプトのバンド Wooden Pipe が始まる。
ライブを重ねデモレコーディングも何度か行い、サックスが塩谷さんから武井努さん、そして鈴木さんに変わり、パーカッションに芳垣安洋さんが加わり、私はピアノだけからシンセを少し導入し、と変遷があったそのバンドが紆余曲折を経て終了する。

そして少しの時を経て、今度はよりシンプルな編成でピアノとコントラバスだけでやりたいと中林さんから連絡があり、教秀さんと3人でのバンドというかユニットが始まり、やがていずれストリングスを入れてライブやレコーディングをやりたいという中林さんの希望から、優秀なストリングスアレンジャーでもあるチェリスト田村賢一さんを私が引き入れ、その頃からだったか定かではないが think pink ! というユニット名に。

4人でのライブからストリングスも入ってのライブを重ね、ベースが岡野裕和さんに変わり、やがてビクター傘下のインディレーベルからCDをリリースすることになり弦4を入れてレコーディングをしたのが2002年の『colours of my dreams』。

その後私が脱退し、後を西島芳さんに託してからは中林さんに会うことはなかったが、各方面から噂は耳に入っていた。
ユニット名を Think pink syndicate に変え、2005年にはストリングスを大フィーチャーした『I was here』を、2007年には更にホーンセクションも加えた『無用(No Need)』をリリース、それが最後のCDとなる。

中林さんが倒れたという噂が耳に入り、奇跡的に一命を取り留めて少しずつ回復をし、ライブ活動もやり始めていたその矢先、昨年のちょうど日付が6/22に変わった頃危ないとの報せ、そして見送りましたとの訃報が。


こうして振り返ると、2002年を最後に私は会っていないけれど、そこまでの付合いの中での中林さんの、怒り出すと手がつけられないところや、でも年上なのに妙になつっこく寂しがりでどうにも憎めない人柄や、人一倍人間や生き物に対する愛情や優しさを見ていた私の中で、一緒に音楽をやっていた時間は、その中での人との出会いや、理想が高く完璧主義な中林さんのサジェスチョンを含め、でも何より彼の類い稀な楽曲の素晴らしさとロックボーカリストとして希有なカリスマ性を持った格好良さから得たものはとても大きく得難い。


今回修ちゃんから連絡があり、ライブに参加することになって一番考えたのは、中林さんみたいに唄うことはできないぞ!ということ。
唄は主に修ちゃんと私で振り分けたけれど、初めて唄う曲も多く、あのドスの利いた、でも粘りと腰があってちょっとハスキーで艶っぽい声と、コントロールされた唄を再現できるわけはないし、それはわかっているけれど、私の頭の中では中林さんの唄が鳴っていて、それはもうどうしようもなくて、当日までヒヤヒヤしていたのが正直なところ。

当日もかなりのプレッシャーがあったけれど、素晴らしいメンバーの演奏に支えられてなんとか終わったし、唄っている最中には演奏が心地良く、リハーサルの時から物凄い得をしている気分になったことを告白しておきます。


この日のライブの撮影をしていただいた池田さんが、超特急の作業で全曲動画をアップしてくれたので是非ご覧ください。

Rose

教秀さんの曲に中林さんが詞をつけたもの。
ピアノとコントラバスの厳かなデュオで開幕。

Pale Blues

ソプラノサックスとドラムが加わり、軽快なワルツに乗せた、美しい佳品。
当時から好きな曲でした。

I Had A Dream

元来インストのアンビエントでミニマルな私の曲を聴いて中林さんが詞を付けてくれたもの。
初めて唄ったけれど、西島さん、武井君、田村君の演奏が素晴らしく、とても楽しめた。
リハーサルも本番より更にアブストラクトでカオスな展開で面白かった。
いつかこのメンバーで自分の曲のライブをやってみたいなと思ったり。

君とフォークダンス

流麗なクイーンズイングリッシュを話した中林さんらしく、アイリッシュな3拍子の曲に乗せた可愛い歌詞が楽しい。
でも唄ってみると結構大変です。

Rain

平山兄弟とベースの泉さんが昔やっていたバンド・スイートエリアの楽曲で、曲を國次さん、詞を中林さんが書いた。
当日忙しい中都合をつけてお客さんしに来てくれていた、熱帯ジャズ楽団のリーダー・カルロス菅野さんが途中ボーカルで参加してくれて、ほぼスイートエリアとなり、昔ながらのファンは感涙もののプレミアムなテイクに。

Yester Night

これもスイートエリア時代の曲。
作者は上記「RAIN」と同じコンビ。
名曲です。
泉さんのベースが何気にいい。
この曲だけじゃなくて、このライブ中ずっと、中林さんの唄が私の中では鳴り響いていて。
なんだか、自分が唄っていてもその声が聞こえていました。

Elegy

これもスイートエリアシリーズで、Think pink syndicateのアルバムにも収録されている曲を3声ハモりで。

500 Miles

『colours of my dreams』に入っている中林さんが愛した名曲のカバー。

Bamboo Cafe

『無用』に入っているボサノバ調の爽やかなテイクだけど、楽屋ではこんな爽やかな曲あったっけ?とレコーディングに参加していた西島さんと梅ちゃんが話していた。

Empty Heart

ピアニスト清水武志さんの曲を気に入り中林さんが詞を付けたもの。
共演歴の深い武井君と清水さんの信頼関係が目に見えるような演奏。

Till There Was You

ビートルズのバージョンが有名だけど、中林流はスローなスウィングで。
いわゆるボーカリストの役目を大マジメにやったのは、この日が初めてかも知れない。
手持ち無沙汰でどうしていいかわからなくなるけれど、俯いてやるわけにはいかない。
ボーカルの大変さが身に沁みましたが、武井君が隣で微笑みながら吹いてくれるのに勇気をもらいました。

God Bless The Child

何度も演奏した曲。
國次さんがチューニングを半音落として弾いているギターのサウンドが気持ちいい。

Purple Haze

これも何度も演奏した曲。
ベースが清水興さんで、中林さんのバージョンともジミヘンのオリジナルとも違うけれど、ピアノとベース丁々発止のやり取りが面白かった。
興さんのバンド全体を鼓舞するようなぶっといグルーブは特筆ものです。
しかし、やはりボーカルの大変さが身に沁みた…。

Tiff

ラストに相応しい切なくなるバラード。

これぞ中林憲昭という代表作が他にもありますが、それはやはり唄が中林さんでないと無理だということでやれなかったので、本物を聴いて欲しいということも含め、CDを【Think pink syndicate】で検索購入して聴いてみてください。
この記事もこの日いただいた私が不参加のCDを聴きながら書きました。


実はこの日は、既に私にとって絶対に忘れられない日の内の一つだったんだが、中林さんの命日も同時に毎年毎年思い出すことになってしまった。