Guinga & Mônica Salmaso Quarteto in Osaka

IMG_9195
『ブラジルの至宝』と呼ばれる二人のミュージシャン、ギンガとモニカ(文中敬称略)のライブをビルボード大阪で観たのは、今月8日。
これを書くのにこれだけ時間が開いてしまったのは、あまりにも素晴らしく美しい音楽を目の当たりにしたので、すぐに言葉にはできなかったからだ。

そもそも音楽は、言葉や絵などに変換、可視化できないことを内包し、表現するものだから、当然こういった文章にはし難いし、言葉にした時点でその輝きを失ってしまうことが往々にしてある。
ただ、言葉にして初めて分かることもあるので、既に2週間以上経った今だが、あえて書いてみる。

まずは、今回の来日メンバー。
Guinga(ギンガ | Guitar & Vocal)
Mônica Salmaso(モニカ・サウマーゾ | Vocal, Percussion)
Teco Cardoso(テコ・カルドーゾ | Soprano Sax, Flute, etc.)
Nailor Proveta(ナイロール・プロヴェッタ | Clarinet, Soprano Sax)

ギンガとモニカの来歴はこちらの記事を参照ください。
https://tabi-labo.com/290464/saigenji-1

最初に直球な感想を書いてしまうが、期待値が異常に高かったこのライブだが、それを全く裏切るどころか、想像を遥かに超える素晴らしいライブだった。

ワクワクして登場を待ち、彼らの準備ができた刹那、息を詰める。

ギンガがイントロを弾き、そしてモニカの第1声が空間に放たれた瞬間、ゾワっと電気のようなものが走り、その後は食い入るようにステージ上の演奏家たちを見つめ、わずかな音も聞き漏らさないように耳をそばだてて、気付いたらアンコールを含めた90分間のライブが終わっていた。
あっという間だった。

若い頃からブラジル音楽が好きで結構聴いていたし、いろんなアーティストのコンサートにも行ったが、そのどれとも違う気配と景色を持った音楽。

この卓越した4人のミュージシャンは、音楽への集中を絶やさず、ひたすらじっくりと必要な音だけを選びとって演奏していた。
ライブは観るものだが、音楽の場合、一番重要なのはやはり音で、それが素晴らしければ素晴らしいほど、他の要素は不必要になるか、下手をすると邪魔になる。

彼らは、観客へのサービス的なパフォーマンスは一切せず、いや、ほんの少しテコがパフォーマンスに気を使っていた一瞬があるが、それとて奏でている楽器の特質上必然的に付随する類の所作で、決して饒舌な『パフォーマンス』ではなかったし、もちろん音を邪魔することは全くなかった。

『これが音楽のライブだ!』そう思わせてくれるライブには、そうそうお目にかかれない。
舞台装置や照明が発達した今、目からの情報で圧倒させるステージがほとんどだ。
ただただ、ステージに乗っている演奏家の音を聴いていれば、それだけでどんな舞台装置や照明より素晴らしい光景、景色を見せてくれるのが素晴らしいミュージシャンだ。

鳥の羽ばたきと囀り、大河の流れる音、星の煌めき、陽光が燦々と降り注ぐ雲ひとつない空…
数え上げればきりがないほどの、様々な風景や実際には鳴っていない筈の音が見え聞こえて来た。

眼前で繰り広げられるステージは圧巻の一言で、自分が理想とするこのステージ、この時間が終わって欲しくない!とずっと思いながら必死に聴いていた。

ギンガのギターや作曲、その独特のサウンドは、自然と彼が求める和声を探した結果に過ぎないので、コードやメロディが思いがけない進行をし、内声が微妙に動いても、聴こえてくる音はとても自然で美しい。
ギタリストは和音を奏でるのに、とかくコードフォームに縛られてしまうが、作曲家であるギンガのギターにはそれが感じられない。
特にアコースティックギターの妙味として、開放弦の響きや、変則チューニングがあるが、私の周囲にそういった演奏をする人がギタリストにもシンガーソングライターにもいて、ハーモニーの雰囲気や音のぶつけ具合に既視感(既聴感か)があったり、あるいは武満徹の作曲やアレンジしたビートルズの曲だったりに近い響きの瞬間を感じたりと、初めて聴く曲がほとんどだったが、耳に対する違和感は全然なく、とても心地よく脳髄に沁み入るサウンド。
とは言え、やはりブラジルの伝統的な音楽と、作曲的にはアントニオ・カルロス・ジョビンからの影響も強く感じた。
不協和音や意外な転調というのは、音楽を聴く時に最重要なことではないのだが、現代ブラジル音楽界随一の作曲家と言われるギンガの楽曲やギターは、噂に違わずどれもこれもオリジナリティに溢れクリエイティブで美しいものだった。

このクアルテートの中心に在って、常に光を放ちながら、楽曲の髄を捉えて、まるでベースラインのように音楽全体を引っ張り、進むべき方向を指し示していたのが、他ならぬボーカルのモニカだった。
パンフレットに、モニカの言葉「私は伴奏するような気持ちで、ステージに一緒に立っていた。歌というのは、そういうものだと思っている」が書いてあり、開演までの時間にそれを読んだ私は「それは私にとって理想的な歌」だと思っていたが、モニカはそれ以上だった。
神秘的、深遠、と評される彼女の歌は、ピッチ、リズム、発声、言葉、そのどれもがパーフェクトに、そこに在るべき形で歌われる。
言葉にするとシンプルだが、そんなボーカリストにはそうそうお目にかかることができない。
ギンガは彼女の声を守り神と表現している。
『自分の音楽を神聖にしてくれて悪いものを寄せ付けないようにしてくれる』

モニカがフロントでありながら全体を包み込んでいるのと同様に、管楽器の二人もバッキングでありつつモニカの声と同化してフロントとなり、ある時はユニゾン、ある時は織り成すハーモニーが3つの声のように唄い、あるいは4つ目の声すら聴こえてくる瞬間があった。
天に向かって放たれた音が反響してキラキラとした何かを降らせる瞬間もあった。
あるいは深淵から、静かに響いてくる蠢きもあった。

ナイロールを観ていて、演奏やその吹いている姿が、日本一のソプラノサックス奏者だと私が思っている塩谷博之さんとダブる瞬間が幾度かあった。

ギンガも含めた4人のユニゾンやハーモニーも素晴らしかったのは、もちろんだ。
4人が、コンボになったり、オーケストラになったり、弦楽四重奏団になったり、ビッグバンドになったりと、様々に変態するのも、この日の醍醐味だった。

とにかく、このクアルテートのメンバーは音楽が第一義で、自己をひけらかせたりすることがないのに、それぞれ個性的で独創的で、終始創造性豊かな音楽そのものを演奏し、演奏する喜び、聴く喜び、音楽の時間を共有させてくれた。
本当に行って良かった。
いやこれは絶対に外してはいけないコンサートだったと、3週間が経とうとしているが、確信を持って言える。

ギンガさん、モニカさん、テコさん、ナイロールさん、そして主催のギンガ&モニカ・サウマーゾ来日ツアー実行委員会の皆さんに感謝したいのと、ツアー後、行われたレコーディングによるクアルテートのアルバムの完成と発売を心待ちにしています。

終演後、ブラジリアンのお二人、ギタリスト山口良夫さんと、久しぶりにお会いしたベーシストの岩田晶さんと記念撮影。
IMG_9196

祭が起こって

久しぶりに、スケジュールアップ以外でブログを更新する。
先月末のライブ『祭の起』のことを、どうしても記しておきたかったからだ。

桑原滝弥さん(以後タッキーと呼ぶ)とは、10年以上前に名古屋のTOKUZOというライブハウスで出会った。
(検索してみると、それは2003年1月17日のことだったとTOKUZOのサイトに記されていた)
その日、私は歌人福島泰樹さんの『短歌絶叫コンサート』で出演、その日のOAというかTOKUZOイチオシの詩人が2人朗読をしてくれたうちの1人が、その頃はまだ名古屋界隈にいた(今は東京)タッキーでした。
終演後、例によってTOKUZOで打ち上げが始まり、(私は酔っ払っていたので)その日のことは実はタッキーの方が詳しく覚えているけれど、福島御大がタッキーのことを「きみは本物だ」と誉めつつも「情を書こう」としきりにすすめていて、それを聞きながらもイマイチ腑に落ちなかった私は、こそっと「でもそういうことを避けて、いろいろ削ぎ落としてやってるんだもんね」みたいなことをタッキーに言って、なんとなく打ち解けた感じになってから、お互いのライブを観に行き合うようになり、一緒にステージをやったりするようになって、そして2014年10月13日、ついにソロvsソロで相見える日が来た。
その筈だったのだが、颱風襲来でライブは中止になり、いつかリベンジをと思っていて、ようやく実現する運びになったのでした。

中止になってからずっと気になっていたライブだったので、この日を迎えるにあたって心の奥底でいろんなことを思いつつも心静かに当日を迎えた。
こういう日は、良いライブになるのが常で、あまりにも平常心なのは駄目だけれど、いい感じで年月が醗酵させてくれた感覚を得ていた。
当日会場入りして会うやいなや、お互いが好きな格闘技の話になり(この辺をいきなり振ってくるのがタッキーらしい)、少し各自のリハーサルや段取りを決め、タッキーとこの前日7/30に開かれた、ポエトリースラムジャパン大阪大会の主催者・詩人の河野宏子さんが来てくれたので某有名珈琲チェーン店で小腹を埋めて本番を迎えました。

2017.7.31. @BIG APPLE
『祭の起』
桑原滝弥(詩) 島田篤(音楽)
1st.
1. 線香花火
2. 天使
3. 僕はいくよ
タッキーSOLO
2nd.
タッキーSOLO
1. ささめごと〜いっしょ
(2. 初月かすむ)
3. I had a dream
4. こもごも
5. 塵の記憶
6. 祭の起(タッキー朗読〜島田唄)

お互いのソロをたっぷりと最後に2人で、という構成。

タッキーは、1stセットで普段あまり読まない雑誌連載中のエッセイを読み、2セット目は「祭の起」のあとに出来た「そして祭が生まれる」を中心に、しっかり大地に根を張ったステージ。
朗読はとても奥深いもので(どんな表現もだが)、実は数日後に朗読を半分くらいやるライブを控えていたけど、今回のタッキーを観て肩の力が抜けたような気がした。


タッキー自身が、
「これまでに経験したことがなかった不思議な感覚を味わった」
とブログ(桑原滝弥情報ブログ)に書いてくれているのと同様、私もまた不思議な感覚や、いろいろと見えたこと、わかったことがある。
具体的にはここには書かないけれど、これは今後しっかり自分の中に息づいていくものだ。

「詩を詠むように、絵を描くように」音楽をするのが理想だと思っている私と、音楽や芝居という舞台を経て詩に向き合うタッキーと。
地味に、でも確実に自分の実になったと思えるライブを出来たのは誇らしい。
またいつかはわからないけど、機が熟したらまたやりたいと思う。


このライブの動画を、お客さんのSさんがアップしてくださってます。
(Sさん、いつもありがとうございます!)

これは俳句のように言葉を連ね唄にした「初月かすむ」。

タッキーが詩を書き、私がそれに曲を付けた、今回のライブタイトルにもなっている「祭の起」。
不思議な詩で、それが私への当て書きみたいになってると感じるところもあったので、唄っている最中いつもとても不思議な感覚に落ち入る曲。
この詩の成立した背景を、この日タッキーが話してくれて、益々不思議な感覚が増すのと、背景を唄うのではないけれど、真っ白だった自分の中に確かな拠り所というか支柱ができたのを感じた。
タッキーの朗読から、私の唄へと繋がっています。

最後になったけど、この日この時空に居合わせた皆さん、気にかけていただいた皆さんに感謝を!!

2015、年末のご挨拶

本格的な冬がやって来て、本格的な冬支度を整えました。

昨年は出さなかった灯油ストーブを使おうと、まずは一昨日灯油を買いに行き、押し入れからストーブを出すと壊れていたので、昨日新しいのを買いました。
昨今いろんな暖房器具がありますが、やはり実際に火を燃やすものがやはり一番あたたかくなります。
中でも灯油、、いやいや私の年代では石油ストーブの方が通りがいいし言いやすいので言い直します、中でも石油ストーブは部屋全体があたたまると、切った後も壁や天井が温もっていてそれほど冷え込まないのがありがたいし、乾燥気味の部屋の湿度も保たれる。
おまけに薬缶でお湯も沸かせるので、作業中にお茶をいくらでもその場で補充できるのがとても嬉しいのです。

てなわけで、真っ赤に燃える炎、、、ふふふ綺麗。
石油ストーブ



今年もいろんな場所でいろんな方々と出会い共演しました。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

来年もマイペースですが、しっかりとした音楽をお届け出来るように精進いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

来年また新たに出会える人や場所を楽しみにしつつ、今年の更新はこれにて終了させていただきます。

来年1月も第2土曜日から早々にライブが始まります。
以下簡単に記しますので、またチェックして予定に組み入れていただければ幸いです。


『新春DUOなおめでとう~ナガオクミDUO企画総集編!』
kumi duo 2016
2016.1.9.SAT. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE】
●出演:ナガオクミ(vocal) 島田篤(piano) 池田安友子(percussion) カオリーニョ藤原(guitar.vocal) 西島芳(piano) 平井将人(guitar) 初村純一(guitar) 清野拓巳(guitar) 山下真理(vibraphone)


島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO – Inner Song
Inner Song 2016 Jun~Feb
2016.1.10.SUN. open 18:30 / start 19:30
京都木屋町【わからん屋】
●出演:山下健/チェルシーズ/島田篤


HOLLY & KAKO
2016.1.16.SAT. open 19:00 / start 20:00
祇園【JOHNNY ANGEL 京都】
●出演:HOLLY, KAKO(vocal) 平山國次(guitar) 島田篤(keyboard) 桑原正(bass) 田中俊二(drums)


仲豊夫/丸岡マルコ淳二/島田篤
仲マルコ島田2016.1.23
2016.1.23.SAT. open 18:00 / start 19:00
六甲道【フォロ・ロマーノさとる】
●出演:仲豊夫(vocal,guitar) 丸岡マルコ淳二(vocal,guitar) 島田篤(vocal,keyboard)


「Take It Easy Vol.2」たがみバンド
 tagami_cd
2016.1.26.TUE. open 18:30 / start 19:00
梅田【AKASO】
●出演:たがみバンド [たがみひろやす(vocal,guitar) 島田篤(piano) 仲豊夫(guitar) 福井ビン(bass) 藤井良(drums)]/遥華 with 水守祥吾/油谷享志/岡村雄大/パーカーノットヘイト


Penguin
2016.1.27.WED. open 19:00 / start 20:00
姫路【Layla】
●出演:【Penguin】平井将人(guitar) 島田篤(piano & keyboard) 大嶺泰史(electric bass) 松田”GORI”広士(drums)


Gutti谷口、還暦王手バースデイライブ!
1/30 Gutti Anniversary eve night
2016.1.30.SAT. open 18:30 / start 19:00
大阪福島【THIRD STONE 福島店】
●出演:Gutti谷口(guitar)大上留利子(vocal) Nacomi(vocal,guitar) 仲原いずみ(vocal) Masanobu Nomio Shirai(guitar) 土谷ズンタ(bass) 梅本啓介(drums) 堂地誠人(Sax) Dokachin(photo,voice) 利久(art parformer) 島田篤(keyboard)


詳細は下記リンクをクリック願います。
https://shimalog.wordpress.com/schedule/


では、良いお年を。

島田篤拝

島田篤(vocal,piano)SOLO – Inner Song

振り返り動画シリーズの一応ラストです。

12/10、神戸BIG APPLEで行った弾き語りSOLO – Inner Songから4曲。
楽しんでいただけたら幸いです。


「手の鳴るほうへ」
ピアニカ吹き語りからピアニカ独奏両手弾き〜ピアノへ移り、最後は口笛も。




「アンモナイトの夢」
ループとガジェットを使い、不可思議な歌詞の世界を押し広げます。




「pianica waltz」
鍵盤ハーモニカのループとピアノ伴奏に乗せたこれも不可思議な唄です。




「初月かすむ」
この曲はピアノと向き合い、俳句や詩を詠むように演奏します。



島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO – Inner song

2015.12.10.THU. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神「元町」駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥1800/当日¥2000(+1drink)
♪ガジェットやループを用い幻想的な空間を創出する希有なピアノ弾き語りソロ Inner song
年内のループ納めでしょうか?

次回、神戸BIG APPLEでのInner Songは、2016年2/5(金)です。
どうぞ、ご来場のほど、よろしくお願いいたします。

『Ghost Dance』測量船&どるたんユニット

振り返り動画シリーズ第3弾です。
11/21、『Ghost Dance』と題された、小池真司さんのユニット・測量船と、どるたんさんのユニット、@東京学芸大学APIA40より。

測量船から2曲続けて「ジャンヌ〜死者の書」
背景の絵は小池さんが描いたもの。

どるたんユニットからは「電気のダンス」。
これは昨年どるたんさんがとある人の詩を気に入って曲を付けた楽曲で、レコーディングでピアノなんかをダビングしましたが、今回初生演奏でした。


『Ghost Dance』
koike ishizuka toshiaki dorutan
2015.11.21.SAT. open 18:30 / start 19:00
目黒碑文谷【APIA40
 ・・・東急東横線「学芸大学」駅、徒歩約8分
 03-3715-4010 目黒区碑文谷5-6-9 サンワホームズB1
●出演:
測量船[小池真司(vocal,guitar)+島田篤(piano)+石塚俊明(drums)from頭脳警察]
どるたん(vocal,guitar)withしゃあみん(cello)+ルイス稲毛(bass)
ON(vocal,guitar)
藤原歩(vocal,guitar)
♪2013年の3月以来のAPIA40、二日目は小池真司さんの測量船!
今回は最小編成でドラムのトシさんとです。
そして私は不思議軍のどるたんさんとも共演します。
この日も猛烈に楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします!

Sweet area Reunion Live!

動画で振り返る2015年シリーズ第2弾。

12/3、心斎橋のSaop opera classicsで行われたSweet area Reunion Liveです。

私はサポートとして参加したこのライブ。
当時新しい日本のポップスを作ろうとしていたバンドの面々の円熟味を増した演奏と、当時を知る満員のお客さん達でとても良いライブが作れたと思います。

動画は Sweet area の当時を知る池田さんが撮影、アップしてくださっているので、全部貼付けておきます。
こちらの動画は曲ごとですが、1ステージ丸々というのもあるので、MC込みでどんな雰囲気だったかもっと観たいという方はそちらもまたご覧ください。

Sweet area
Reunion Live!

sweet-area20151205
2015.12.3.THU. open 18:00 / start 19:00
心斎橋【Soap opera classics
 ・・・地下鉄「心斎橋」駅より徒歩3分
 06-6121-6688 大阪市中央区西心斎橋1-6-8 トムズハウス4F
前売¥2500/当日¥3000(+1drink&1food:¥1100)
●出演:カルロス菅野(percussion,vocal) 平山國次(vocal,guitar) 中井葉子(piano,vocal) 泉尚也(bass,vocal) 平山修三(vocal,drums) 島田篤(vocal,keyboard)
♪伝説のバンドSweet areaのメンバーが30数年ぶりに集結!
私はサポートキーボードで参加、6人で上質のPopsを聞かせます。

続きを読む

MICRO COSMOS 2015 “Spelunker”

年も押し詰まって来ました。
年内のライブを振り返って、いくつか動画を紹介するシリーズとして。

第1弾は、11/8、神戸BIG APPLEにて行われた、映像と音の響演 MICRO COSMOS 2015 “Spelunker” の動画です。

10年ぐらい以前に始めたこのライブシリーズ・MICRO COSMOS ですが、昨年からBIG APPLEさんの要望もあり、再び小倉恒夫の映像と、KYAというバンドを組んでいた古くからの相棒、木内健弘(bass, raptop) と私島田篤(piano, accordion, gadget) の音で、時にシリアスに時にはコミカルにお送りするライブ。

1st.setは、最初のコラボ作品の再演。
再演と言っても音は即興なので、前回とはまた違う作品になったと思います。

2nd.setは新作、今回のテーマは洞窟探検。
洞窟ならぬトンネルでのロケを敢行した小倉の映像に、即興での音響が混沌とした世界を描きます。

どうぞ、ご覧ください。






MICRO COSMOS LIVE 2015
“Spelunker”

micro cosmoso 2015
2015.11.8.SUN. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神「元町」駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2500/当日¥2800(+1drink)
●出演:小倉恒夫(映像) 木内健弘(bass,electronics) 島田篤(piano,gadget)
♪BIG APPLEのアニバーサリー月間。
毎年、普段とは少し違うことをして欲しいという店主近藤さんの希望でいろいろやっています。
昨年に続いて、映像と音のコラボレーション・MICRO COSMOSを今年もやります。
毎回、時事ネタ等いろんなことを盛り込んだ小倉恒夫の妄想映像が火を噴きます.
今年のテーマは洞窟探検?!
どんな映像が来るかは当日まで私も知りません。
楽しみです!!