効率の良い練習方法について【改】


この写真は今年の夏、銀閣寺前のバス停を下りた所から撮ったものです。
京都RAG音楽義塾は、今、北白川(スタジオラグ北白川店)に在って来年から河原町(スタジオラグ河原町店)に移転しますが、この写真を撮った日は午後から自由参加カウンセリングという授業の受け持ちの日でした。
私はこの日、効率の良い練習方法についての話をしました。

まず最初に断っておきます。
今から書くことは、あくまで壁にぶつかった時や、練習時にうまくいかない時、どうすれば効率良く練習を進められるか、ということで、決して日々の努力や基礎練習を怠ってもいいという話ではありません。
なので、特に初心者は毎日集中力を保って練習してください。
日々出来ることが増えて行くのは楽しい筈です。
ミュージシャンが職業になって来ると、個人の練習をする時間がきちんと取れなくなることが多いですし、私はクラシカルなレッスンを受けていないので、例えばピアノレッスンだと標準だと思う年齢、3歳からピアノをやっている人とはピアノを弾いて来た時間が圧倒的に少ないので、どうしても効率が良くないといけない。
そういう必死な実体験から出て来た答えみたいなものに裏付けがあったことを今から話します。

私は幼少の頃数ヶ月ピアノを習っただけで、その後きちんとしたピアノ教育を受けていません。
高卒とともに、当時京都にあったANコンテンポラリーミュージックというジャズスクールへ行きましたが、スクールと言っても週1回ピアノ2コマ、理論1コマの数時間だけというとてもコンパクトな授業数で、内容はジャズピアノをブルースからやるんですが、ピアノのテクニックに関しての授業は一切なかったので自分で練習するしかなく、ハノンという指の訓練のピアノ教本があることを知ったのが高校生の時創刊されたキーボードマガジンだったので、それからそういったことを独りでやり始めテクニック的なことは相当苦労しました。
で、必死にハノンを練習しても誰もチェックしてくれる人がいないし、そもそもそのやり方があっているのかどうかもわからない状況で、ただガムシャラに力いっぱい鍵盤を叩いていたのが懐かしいんですが、なかなか指が動くようにはならないジレンマをずっと抱えていました。

それから少し経って、少しずつ仕事やバンド等のライブが増えるようになり、それらの準備に時間を使わなければならないので、毎日基礎練習する時間が必然的に減ります。
そうです、プロとして活動を始めると練習時間が思うように取れなくなる場合があるんです。
そして、ある期日までに弾かなくてはならない曲のある部分がなかなか弾けなくて練習をするんですが、どうしても完璧には出来ないといったことが続いたりします。
更に、楽器に全く触れない環境に数日いることもあったりするとたいてい不安になるんですが、久しぶりにピアノを弾くと弾けなかったことが案外やすやすと弾けるようになっているという不思議な現象を何度か経験します。
スポーツの世界では昔からよく言われて知っていましたが、休養ということは大事なんだ、練習を休むことによって身体に覚え込ませる時間が必要なんだと漠然と感じました。

更に時は過ぎて、ただのガムシャラだった頃から、練習方法を自分なりに考えながらやれるようになった頃、うまく弾けない難しい曲を練習するのに、超スローテンポで弾き(当然メトロノームに合わせながら)そのフレーズを細分化していってどこが問題の部分なのかを突き止めてから(ただの2音になることもあるし、実は出来ないその部分ではなくその前後が問題になっている場合もある)、そこだけ取出して練習し、スムーズになったら繋げて弾いて、出来たら徐々にテンポを速くしていくけれど、なかなか指定のテンポまで上げられない。
時間は限られているので、とりあえず正確に弾けるテンポまでやって置いておき、また別の日、たいてい翌日はスケジュールの都合で無理なので数日空けて弾くと、あれだけ苦労していた部分がスラスラ弾けるようになっている、といったことを経験します。
その頃には、練習には休みというか、間を空けるということがとても大切なんだということが確信になっています。

そんなある日、テレビや雑誌で脳科学やスポーツを扱っている記事や番組を見ると、私が思っている『間を空ける』ということの効果が脳科学的に説明されていて、実際スポーツの分野では当り前になっていることを知ります。
つまり、人間は成功体験の積み重ねで上達するということと、成功体験を積み重ねるためには成功を脳に記憶させなければならなくて、記憶はメカニズム的に短期〜中期を経て長期記憶へと格納され、脳が身体に信号を送れるようになるということがスポーツの分野では常識になっていることを知ります。

で、最初に戻ると、その日生徒さん達に、大雑把に上記の説明をして、とにかく練習はゆっくりから始めて出来ないところがあればそこだけを取出し、何故出来ないかどうすれば出来るようになるかを考えてやり、出来るようになったら徐々にテンポを上げていく。
その際に大事なのは、出来たらその時点ですぐその課題をやめて(たとえ予定の時間が余ったとしても)、しばらくそれはやらないことと、集中してやること、集中力がキープ出来る長さはせいぜい1時間ぐらいなので適切な休憩を取りながらやること。
と、いったことを話しました。
普通、楽器でもなんでも「とにかく反復練習を沢山やる!」というのが、一般的には当り前みたいになっているので、きっとおかしなことを言う人だと思われたり、中には練習嫌いの人は練習は短くてもいいしあんまりやらなくてもいいんだと勘違いする人もいた気がしますが。

私が独りでこんなことを言っても「またまた、島田が持論を展開してるわ」と思われるだけなので、ネットで検索してみると、きちんとわかりやすく、私が上に書いてあるより更に詳しく書かれている記事を見付けたので、とりあえずリンクを貼っておきます。

「「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは?」
(名門というところがミソだなあと思います。私が書いたこれを読んでも半信半疑な人の方が絶対多いから)
https://www.lifehacker.jp/2012/09/120925betterpractice.html

「短期間で劇的に上達する練習法とは?(1/3)」
(こちらはスポーツが例で、練習法が具体的です。音楽にも通じる面白い記事なので、是非3まで読んでください)
http://ho-sekkotsu.main.jp/blog/%E8%84%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6/%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%AE%E5%B9%B2%E6%B8%89%E7%B7%A8/

経験上、ガムシャラに練習しているミュージシャンにこういうことを言うと、たいがい半切れで反論されたり練習しない言い訳みたいに思われます。
実際練習は嫌いなので、あまり言わないようにしています(笑)。
真面目な話、練習をやり過ぎると逆効果ということは実際にあって、出来ない部分に苦手意識が芽生え固定化される、つまり間違った記憶が植え付けられると、それを上書きするのは結構至難の技です。
人間は、神経細胞が繋がり電気が通れるよになって始めて脳が身体を操れるようになるので、間違った記憶は間違った運動しか出来なくなるので、良くないのです。

最後に追記しますが、反復練習は悪いことじゃないですし、例えば実際の現場での自信をつけるためや、精度を上げて行くためには、かなり重要なことだと思います。
とにかく、最善の方法を考えながら練習することがとても大切で、最終的には自分の身になる近道になるんだと思います。
特にピアノという楽器は基本的なことを修得するのに、かなりの時間を必要とするので、尚更『良い練習』をするのが大切ですね。

広告

SOLO 2days

SOLOライブを始めたのは、12年前の誕生日だった。(と思う)
いや、日付ははっきりしないのだが12年前なのは確かで、ちょうど40歳になった時に始めてもうすぐ52歳になるのでちゃんと覚えている。

当初は【ピアノソロでの楽曲+インプロ+カバー曲の弾き語り】を混在させたスタイルだった。
というのも、その頃はシンガーソングライターやボーカリストとの共演は多かったが、自作曲を自ら唄うという発想はまだなく、そもそも「自作曲を唄う」という行為は究極に恥ずかしいと思っていたし、自分はピアニスト、キーボーディスト、コンポーザー、アレンジャーという立場から音楽に関わっていくと決めて臨んでいたので、ポップス系のバンドでコーラスやリードボーカルを取ることがあってもそれはその時に要請があってのことで、自分ひとりで弾き語りだけでライブをやるなんて考えてもみなかったし、ピアノをうまくなりたい、良い曲を書きたいとは思っても、唄がうまくなりたい、良い唄を作りたいと思ったことは正直なかった。

心境が変化したのは、そうしたSOLO活動を続けていて、自分の好きなカバー曲を唄うことに疑問を感じたとまではいかないが、好き過ぎて元曲を自分なりに変換することができなくて自分のパフォーマンスにちょっぴり飽き、どうせ唄うならオリジナルだろうと思ったのと、それまでに優れたシンガーソングライターとの共演で日本語でも素晴らしい唄を作れるという遅まきながらの発見と日本語の詞の美しさを実感したから。

そして、ある日ある出来事から一片の詩がふっと出来上がり、これを唄にしようと思い立ったのが始まり。

そんな感じでやり始めてみると、意外と唄を作るのが面白く、近年ようやく唄うことの面白さがそれに加わって来て、やっとこさ充実したパフォーマンスができるようになったとちょっぴりだけど自分なりに思えるようになって来た。


そんなオリジナル曲の弾き語りライブが2本。

ここ2年ぐらいは、ほぼ毎月出演している京都わからん屋。
ここではスッピンのSOLO。
ピアノにエフェクトを掛けるのが自分のSOLOのスタイルだが、対バンということでセッティングの難もほんの少しあるし、何より出演者とお客さんも含めて弾き語りに興味がある人が集まるこういう場だと、ライブ後にエフェクトの印象ばかり残ってしまい、それでは意味が無いのと、エフェクトを使わず集中して唄とピアノに向うことへの欲求があり、ノーエフェクトでやることにして早2年ぐらい経ち、そのおかげで唄うことに対する意識が格段に上がった。

そして、SOLOを始めた場所、神戸BIG APPLEでは、始めた頃通りエフェクトやガジェット系の機材を使い様々な実験的なこともやりつつ、進化した弾き語りをひとりっきりで2ステージたっぷりと。

どちらも今月で12年目、つまり干支が一周し一節目のSOLOライブの、また新しい始まりを告げられるものにしたいと思っています。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

是非!!!

島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO – Inner Song

2015.4.24.FRI. open 18:30 / start 19:30
京都木屋町【わからん屋
 ・・・阪急「河原町」駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:つき/大江まさき/島田篤
♪毎月丹精凝らして重ね、更に奥行きの深いものを目指してゆきます。よろしくお願いいたします!

2015.4.26.SUN. open 18:30 / start 19:30
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神「元町」駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥1800/当日¥2000(+1drink)
♪SOLOをやり始めたBIG APPLEで、2月に続いて、2ステージまるっと1人っきり!
この場所では初心に返って、エフェクトをふんだんに使用し、アンビエントかつアグレッシブに美しく!!

バースデーパーティ@梅田AKASO


昨夜は梅田AKASOで円広志さんのバースデーパーティ。
今年は更に大盛況。
円さんも楽しそうでした。

久しぶりの人達と会えました。 続きを読む

計画(?)停電

日本で再び原発が動き出した。
原発フリーだったのは59日間。

7月1日の深夜から再稼働反対の抗議活動があった。
ustreamで見たけれど、凄いものだった。
雨の中から始まり終了までのついさっきまで、ずっと「再稼働反対」のシュプレヒ・コールはやまなかった。
そして、けが人も無く事故も起こらず終えて本当に良かったと思う。
高みの見物でふんぞり返っているほんの一握りの人の為に、警察や機動隊の若者と、一般市民の若者が対峙しなければならないなんて悲し過ぎる。
双方とも、本当にお疲れさまでしたと思うし、ケガや事故がなくて本当に良かったと思う。

さて数日前。
関西電力から例の脅迫状(計画停電のお知らせとも言う)が届いた。
続きを読む

原発事故と瓦礫受け入れに関する動画

あんまりこのブログでは音楽以外のことは載せていないけど、たまにはシリアスな話を載せてもいいかと思い動画を二つ紹介します。


片方は、昨年起こった福島原発事故の海外の学者へのインタビューを中心としたもので、仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」。
これは、事故後からの東電や政府の発表の出鱈目さを指摘し、日本の主要メディアであるテレビや新聞が報道しないことも描かれています。
そして、それは何故か?ということにも触れています。
端的に言って、原子力産業というのは軍需産業と共に莫大な利益をあげられるもので、フランスやアメリカ等といった自由を象徴する国が主になって推進しているのが皮肉だなと思うんですが、勿論日本もそこに乗っかって東芝や日立といった企業が海外にまで原発を輸出してぼろ儲けを企んでいるものです。
事の是非は置いておいて、原発はクリーンなエネルギーだなんていうキャンペーンを税金を何億何十億と投入してやり、事故原因もはっきり解明されず収束も全然していないのに再稼働に向けて着々と安全キャンペーンを展開していますが、この映画に描かれているようなことを知らされずに来ているのは民主主義国家としておかしいと思います。

もう一つは、今話題になっている被災地の瓦礫受け入れについて、細野環境大臣が福岡市長にお願いをしに行っている動画です。
そこで、福岡市長は飲用水を海水に求めているという福岡市の特殊性を訴えながら、暫定基準値の矛盾に対して環境省に科学的知見を求めて受け入れを断っています。
その上で、現地での処理施設建設などに対する技術協力は惜しみなくするということで、細野大臣は引き下がらずを得ない結末です。
瓦礫受け入れも上記の原子力はクリーンエネルギーと同じように、受け入れしないのは非国民、人非人であるかのようなキャンペーンを、これも血税を何億と投入して行われています。
瓦礫は本来現地で処理するのが一番コストもかからないでしょうし、一定の濃度以上放射能で汚染されているものは動かしてはいけないという日本の法律もあるし、更に皆さんも知っていると思いますが、そもそも核は非拡散というのが全世界共通の協定なのにそれを無視することになるけれどそんなことをしていいのかということがあります。

そういう事に触れずに、絆という言葉を看板にして助け合うということの本質を踏みにじるような報道の仕方ばかりで、以前のブログでも散々書いて来た通りこの国の報道は全くジャーナリズムの欠片も無いし、バイアスがかからないオープンな情報を国民が得られない国は民主主義国家とは呼べないと私は思います。


私の意見は書き出すと長くなるし、そんなものはさておいて以下の動画をご覧下さい。
「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」は長いですが、文字起こしもありますし、時間のある時にゆっくりでもいいと思います。
福岡市長の意見は福岡市の特殊性だけでなく、水という生きていくのに最も重要なものの一つに関わることですので、全国に共通することだと思います。


この国に生まれて住んでいる以上、この国がどうなって行くかを気にしない訳にはいきません。
未来の責任は私たち一人一人にかかっています。
これまでも言葉を口当たりのいいものに置換えたりして誤摩化し、場当たり的なことを繰り返して来た政府のボロが出たのは初めてではありまんし、消えた年金問題や景気の回復、福祉の充実など、様々な問題が先送りにされてどんどんツケが溜まって来て既に溢れています。
そして、今後起こるかも知れない放射能に由る健康被害も未知数なのに食べて応援とか、とにかく日本国民全部を被曝させたいとしか思えないキャンペーンを展開している現政権が、水俣病を初めとする公害病、薬害エイズ訴訟、C型肝炎訴訟などなど国民の健康に関する裁判でことごとく敗訴している事実から何も学ばないというのが現状です。

知らないで済まされる平和に生きられるような時代は終わったと認識しないと、もっと酷いことが起こってからでは全く取り返しがつかない事態になるでしょう。
既に世界最悪の原発事故が住み慣れた故郷を奪い、農業や林業など一次産業従事者の方から生きる糧であり生きる為の活力にもなる仕事を奪うということが現実に起こってしまいました。

気をつけていきたいなと思います。


仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」
フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実

翻訳全文と動画が載っているページはここ。
仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」


災害廃棄物(がれき)について 福岡市長 髙島宗一郎x細野環境大臣

しかし、この最後の細野大臣の表情が怖いと思うのは私だけ?


さて、この1週間に控えるライブはこれです!

たがみひろやす(vocal,guitar)with島田篤(piano,chorus)
     
2012/04/14/SAT open18:30/start19:30
京都 木屋町【わからん屋
 ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:蜂谷清香/ハチミツメロン/たがみひろやす+島田篤
♪たがみさんとのDUO、京都2発目!
 人間味溢れる唄を是非生で聴きに来てください!

『Inner Song』島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

2012/04/20/FRI open18:00/start19:00
十三【クラブウォーター
 ・・・阪急「十三」駅下車、西口より徒歩7分
 06-6305-8989 大阪市淀川区十三本町1-23-22
●チャージ¥2500(ドリンク込み)
〈出演〉
①yodo(acoustic)
②Bump feat.鈴木勇造
島田篤(vocal,piano)
♪昨年12月にジミースターダストさんと対バンしたご縁でお誘いいただきました。
 初の十三ウォーター出演。楽しみます!!

島田篤 生誕四十九年前夜祭『祭りの準備』
      
2012/04/23/MON open18:30/start19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2300/当日¥2500(+1drink)
●出演:島田篤(vocal, piano)
GUEST:桑原滝弥(詩人) 
     神田京子(講談師)
♪昨年、彼らの企画
『詩人・桑原滝弥 × 講談師・神田京子 結婚五周年 報恩謝徳LIVE 「夫婦PANDORA」 』
に参加させてもらい、その時に関西に来ることあれば何か一緒に是非!とお願いして実現していて実現することになったこのライブ。
 この前日、詩人・谷川俊太郎とその息子であるピアニスト・谷川賢作のコンサートで関西に来ているそうで、その勢いで私のライブにも参加してくれるというありがたいお話。
 詩人の桑原滝弥とはお互いのライブを観たり観られたりしている仲で、彼の圧倒的なスポークン・ワーズはもう誰もが認める素晴らしさ。
 対する京子さん(こう呼ばせてもらいます)、私自身、講談はまだ生で観たことがなく、ちょっと勉強しとかないとなあと思いつつ、このコラボがどうなるのかと楽しみなのです。
 ちょっと馬鹿馬鹿しいこともやりたい&やらせたいとほくそ笑みつつ内容を追々煮詰めて行き、このブログなどにアップ出来たらと思っているので、目を離さず、心に止めて、そして必ず足を運んでください。

 あ、そうそうこの日は私の誕生日前日でもあるのです。
「祭りの準備」乞うご期待!!
 先日の東京行きでお2人に会い、少しお話させてもらいましたよ~ん!!
 
桑原滝弥
1986年俳優としてデビュー、以後ジャンルを問わずさまざま表現活動を展開。1994
年詩作開始。詩人類代表。
~主な活動~
詩集「花火焼」(にこにこ出版)
詩選集「あなたにあいたくて生まれてきた詩/宗左近・編」(新潮社)
TV「さらさらサラダ」(NHK名古屋)
演劇「にんにん忍者でんエモン一座」(世田谷パブリックシアター)
イベント「谷川俊太郎トリビュート 俊読」(全国各地で開催)

神田京子
1999年二代目神田山陽に入門。2000年山陽他界により、神田陽子に師事。
日本講談協会所属・落語芸術協会所属。
~主な活動~
TV「趣味悠々・フォト五七五」(NHK教育)
ラジオ「日曜バラエティー」(NHK第一)
webコンテンツ「敬語おもしろ相談室」(文化庁)
ワークショップ「世界青年の船」(内閣府/日本丸船内ホール)
ライブ「神田京子独演会/連続講談物シリーズ」(横浜にぎわい座・のげシャーレ)

東京四日目

翌日、帰宅前に行きたいところがあった。

目黒寄生虫館。

ずっと昔から名前だけ知っていたが、何故か行くことを思いつかず、最近になってライブの折りに寄れば良いんだと気付きました。

続きを読む

ハマー・クミ新年会

ひっさしぶりに新年会なるものに参加しました。

いや、新年会とは名打たれてなかったので私が勝手にそう呼んでいるだけですが。

このところ、毎年1回スースーハーとしてバンド編成でやるクミちゃんと、昨年たがみひろやすさんのロック編成バンドで久々の共演を果たしたベースのハマーのお家へ。

駅から携帯片手に地図見ながら、てくてく歩いて、途中スーパーに寄ってアルコールとハーゲンダッツを買い、再びてくてく。 続きを読む