京都RAG音楽義塾サマーセミナー

この春開講し、私も講師として参加する「京都RAG音楽義塾」がお送りする8月11日、12日二日間のスペシャルセミナー。
『プロ直伝セッション実践講座』

summer-seminar_f summer-seminar_b

細かい流れは、写真のフライヤーに譲るとして、セッションの合間に開催される各科スペシャルセミナーの内容は。

キーボードは、
バッキングにおいては、全ての意味でのバランス感覚がとても重要視されます。
バランス感覚を養ったり発揮するためには、全体を常に見聴きしておく必要があります。
また、アドリブソロでは、シングルノートのメロディラインだけではなく、ハーモニー的理論的なアプローチ、また打楽器のようなパーカッシブなアプローチ等々、様々な可能性を秘めています。
そういった、引き出しの多さもセッションを楽しむコツです。
以上を踏まえ、視野を広げ、楽しむ為に。

それぞれの日に

1) バッキングレクチャー
・コードネームを読んでの基本的なコードの押さえ方から、
 導き出される音を含めたバリエーション。
・バッキング時、注意しなければならないポイント。 
 キーボードに求められる役割。
 オブリを入れるタイミングやフレーズ等。

2) アドリブレクチャー
・アドリブソロのやり方。
 基本的な考え方や組み立て方、フレーズ。
・コードネームから導き出されるスケールと、
 そのバリエーション、それらの効果的な使い方。

以上を、リズムパターンやジャンルによる違い、楽器や音色による奏法の違い等も交えて、生徒さん各自のレベルに応じてアドバイスします。

もちろん、他の素晴らしい講師陣の方々とセッションできる時間も多く持ちます。

参加講師
ギター科:岡本博文、安達久美
ベース科:岡尚史、長谷川晃
ドラム科:森本耕司、齋藤洋平、齊藤慶司
サックス科;里村稔
キーボード科:島田篤

ふるってご参加、よろしくお願いいたします。

参加ご希望の方は、以下のリンクからどうぞ。

【一般参加者大募集!】 1日で違いが実感できるプロ直伝セッション実践講座 初心者でもすぐに役立つアイディアが満載! 8月11日/12日10時より開催

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中