ヤマダヨシオ+Ravi+梅本啓介 @梅田ROYAL HORSE

QUARTETの翌々日。
とても楽しみにしていたライブ。
久しぶりの梅田ロイヤルホースで、久々の共演。

ヤマダヨシオ(bass) Ravi(vocal) 梅本啓介(drums) 島田篤(piano)

2012/08/11/SAT @梅田ROYAL HORSE

  • 1st.
    1. Cascade
    2. Octubre
    3. Someday My Prince Will Come
    4. Lluvia
    5. Como Fue
    6. Bluesette
  • 2nd.
    1. I Hear A Rhapsody
    2. Siesta
    3. 500 miles High
    4. Afro Blue
    5. La Puerta
    6. Cielo
  • enc. Bluesette
  • 今年は久しぶりに一緒に音を出すということがたびたびあり、なんだか嬉しい。

    ベースのヤマダさんともFacebookで10年以上ぶりに繋がって、今回のライブのお誘いをもらった時は何をやるのか全然聞いてなかったがとても楽しみだった。

    先月半ばぐらいにリハーサルをして、ヤマダさんのクールなオリジナル、ジャズやブラジルやラテン音楽というヤマダさんの経験から生まれた曲達を中心にやると初めてわかったんだが、これが一筋縄ではいかないのもわかった。

    でも、私の場合は本番の集中力一発なので、まあなんとかなるだろうと。

    で、当日会場に入って一通りリハ。
    その時から、妙に力が入ってるなあと思っていた。

    緊張と言うのとはまたちょっと違う感じ。

    ゆったりと本番まで過ごして始まったライブ。
    1曲目が終わると左手と左肩がガチガチになっていた。

    リズムを刻んでいたからではなく、こうグッと無駄な力を精一杯入れている。

    こういう感じは久々なので心の中で笑ってしまった。

    ん〜〜、なんと言えばいいか。


    誰かの目をとても気にしながらやっている感じだが、それは実は自分の目なのだ。


    こうなると自家中毒みたいなもので、力を抜いても、いろんなことを脳の中から追い出しても、どうしようもない。

    長年やってて、心臓に毛が生えたと思っていたけど、なんのなんの。
    まだまだガラスのハートみたいな部分があったんだなあ。

    全てが瞬間接着剤で固まってしまった気分と言うと、ちょっぴり伝わるだろうか。

    いや、実際本番はもう少しリラックスして楽しみながら、そして良い内容で演れると思っていたので、正直びっくりした。

    ロイヤルホースのピアノはきちんと調律されていて弾きやすかったし、やりにくい要素は無かっただけにね。

    録音していなくて聴いていないから客観的にどうかは判断できないが、ずっと固まりを解けないままだった。

    敵は我の中にあり。
    う〜〜〜ん、本当に最近この感覚を味わったことがなかったから、すっかり忘れていた。


    と、こうくどくどと書くと、お客さんには申し訳ない気もするが、こういう日もあると言う心情吐露=デトックスだと思って流して下さい。

    良かった〜と思った人はそのままの印象で良いですし、変だなあと思った人は、なるほどね〜で。

    ヤマダさんの曲はとても良い曲なので、美しくやりたいという欲が勝ってしまったんだな。

    ドラムのうめちゃんは6月久々に一緒に音を出したのに続いてのライブだった。
    やはり変態ぶりを披露していて面白かった。
    (あ、これめっちゃ誉めてますからね)

    ハスキーで素敵な声の持ち主、ボーカルのRaviさん、こんなおっさん達に囲まれて大変だったんじゃなかろうか?
    あ、でもMCでヤマダさんとやっていて鍛えられていると言っていたので大丈夫か(笑)

    ごちゃごちゃ書いたけど、10年20年以上昔、一緒にやっていた人達と、初めての人との共演というライブは、とても楽しかった。

    終演後、お客さんとして来てくれた、ふるうい知り合いと話していると、入口にぬぼうっと人影。
    私を呼んでいる。

    誰かと思ったら、旧くからの知合いだらけのこの日の中で一番旧い人が、たまたま梅田に出ていたからと、ふらっと顔を出してくれたのが素敵なエンディングだった。

    次回いつかはわかりませんが、必ずリベンジの機会をよろしくお願いします。

    皆さん、ありがとうございました!


    桂川雨模様だったけど、大阪に着いたら晴れてました。
    リハ後。
    ふらっと瓢亭に行って蕎麦を。
    終演後、私、ヤマダヨシオ、梅本啓介、Ravi。


    盆ですね。
    毎年この時期は山根康広さんのライブがあるので、京都に住んでいながら大文字焼きを見たのは随分前。

    そして、来週はこれ。
    ずっと弾き語りに特化してやってきたソロ(Inner Song)ですが、そろそろ違うことをやりたい願望が沸々と。

    という訳で、
    全編即興のソロライブをやります!
    で、またまた久々の人、
    日本フリーミュージック界の奇才コントラバス・森定道広氏を迎えて、二つのインプロソロと一つのデュオを!!

    ソロ+ソロ+デュオ というありふれたタイトルで…

    2012/08/20/MON open18:30/start19:30~20:00
    神戸【BIG APPLE
     ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
     078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
    前売¥1800/当日¥2000(+1drink)
    ●出演:森定道広(contrabass) 島田篤(piano)
    ♪孤高のコントラバス奏者・森定道広。
     近年メロンオールスターズや関谷友加里トリオなど、グループでの活動も盛んだが、日本のフリーミュージック草創期にソロコントラバス奏者としてツアーや作品も出している、旧知の存在。
     インプロヴィゼーションソロを始動させる今回、私のインプロに関わるきっかけにもなった森定さんと競演できるのは欣快です!!
     弾き語りとはまた違う島田篤のソロミュージックの創成に是非立ち会ってください!

    広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中