ブラッド・メルドー・トリオ

ブラッド・メルドー・トリオ、名古屋ブルーノートの1stセットを聴きに。

メルドーは想像以上に内省的だった。
思っていた通り、ピアノペダルを多用して音色をコントロールしていた。

若い頃のメルドー(実はあんまり聴いてないですが)はもう少しだけアグレッシブで外向きなイメージだったが、本当に内省的で内側に沸々とアグレッシブ。
自分の魂の音楽を覗きたい、どうにかしてそれの正体を知ろうというような演奏で、私は好み。

ベースのグレナディアはガシッとしたタッチで全体のサウンドを支えていた。

ドラムのジェフ・バラードが柔らかいタッチで彩りを添える。

2曲目にNardisを演ったのがちょっと意外だったが、ひょっとすると、ビル・エヴァンスの命日が近かったのか。
と思って調べてみたが、エヴァンスの命日は9/15だった。

メルドーのピアノはエヴァンスとキース・ジャレットに強い影響を受けているから、エヴァンスの曲を演ったのは自然なことなんだろう。

このトリオ、年齢的に私と近いからか、妙に同世代感を感じた。
「うんうん、それわかる」みたいな。

例えば、キースやハンコックなんかを聴きに、散々音源で聴いているのですっかり手の内を知った気になって行くと、大抵そんな予想なんかを遥かに上回る演奏をされて愕然となるのが常だが、この日は同世代感から来る親近感みたいなものの影響もあってか、そこまでの驚愕の!てことはない。

逆に言えば、このメンバーだったらもっと行けたのでは?という感じは正直少しだけした。
余裕があり過ぎると言うか。
欲を言うと、ほんのもう少しだけ行ってしまうところも聴きたかったかな。

とは言え、素晴らしい瞬間がキラキラと訪れていた良いライブだった。

世界レベル。

聴き逃していたらきっと後悔していた。

名古屋ブルーノートの音響、音場も良かった。
東京のサントリーホールは音響的に賛否両論あったようだが、この日はトリオにちょうど合っている気がした。

選曲も良かった。
ポールの「My Valentine」や「And i Love Her」等、現代のスタンダードとオリジナル。
アンコールでバップナンバー(タイトル不明)。

2セット共観る人も結構いた。
「いいなあ〜」と思いつつ帰路へ着いた。


さあ、次は我々の番。
やります!!

QUARTET
        
2012/08/09/THU open18:30/start19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2000/当日¥2300(+1drink)
●出演:島田篤(piano) 清野拓巳(guitar) 萬恭隆(contrabass) 水上”ダンヒル”洋(drums)
♪屈指のメンバーで送る、オリジナルコンテンポラリーミュージック!!



そしてこちらも!!


2012/08/11/SAT open17:00/start19:30/21:30
梅田【ROYAL HORSE
 ・・・阪急/阪神/地下鉄「梅田」駅徒歩5分/JR「大阪」駅徒歩約10分
 (地下街ホワイティの「泉の広場」M14番出口より南へ2分)
 06-6312-8958・9  大阪市北区兎我野町15-13 ミユキビル1階
チャージ料金:S=2,625円 A=2,100円 barcounter=1,050円(+1drink)
●出演:山田祥央(bass) RAVI(vocal) 梅本啓介(drums) 島田篤(piano)
♪昔ボサノババンド等でご一緒していたベーシストの山田さんから、久々にお誘いいただきました。
 この日は初共演のボーカル・RAVIさんと6月末に久々に共演した梅ちゃんこと梅本啓介さんと一緒にいろいろやります。
 ロイヤルホース出演も本当に久しぶりでとても楽しみです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中