西山琴恵 @風遊舎

たがみひろやすライブの翌日はあるアーティストのPV撮影。
屋外での1日仕事で、普段日光を長時間浴びないので、かなりぐったり(笑)

ええ、子供の頃からお日様苦手で、どうしても燦々とした陽射しには目を閉じ気味になります。
早起きも苦手だったので、基本的に夜行性なんでしょうか。

そう言えば、下田逸郎さんと一緒にやってる時にとある女性プロデューサーに「お日様苦手そうな顔して」と打ち上げかなんかの時に言われたけど、夜でも眩しそうな顔してるのか??(笑)

その翌日、今年で3年目となった素晴らしい童謡歌手・西山琴恵さんとの風遊舎ライブの為のリハーサル。

そして本番へと続きました。

西山琴恵

2012/06/16/SAT @京都嵯峨嵐山 風遊舎

●出演:西山琴恵(vocal) あらいなおこ(chromatic harmonica) 平山国次(guitar) 島田篤(piano)

毎回書いているけれど、西山琴恵さんの唄は歌詞、つまり日本語をとても大切にしていて、「ことのは」というものがダイレクトに自分の感情に響いて来ます。
それが、がなり立てるような大声ではなく抑えに抑えた表現で、演奏しながら毎度グッと来る。

それと共演していていつも感じるのは一緒に音を作っているという感覚。

なぞっているのではない、時空をそこにいる人全てと共有する生の音楽の良さを感じられること。

あまり書くと褒め殺しみたいになっても駄目なんだが、久々共演の琴恵さんの唄は一層柔らかさと広がりを得ているように感じた。

あ、今回セットリストごと琴恵さんが譜面を持ち帰ったので曲がわかりません。

雨と花が基本に置かれた選曲で、お年寄りが口ずさめる唄ということをメインに選ばれたので知らない唄もわりとありました。

童謡唱歌はイギリスからの影響がとても強いもので、実際「蛍の光」や「仰げば尊し」などイギリス民謡を使節団が持ち帰り日本語の歌詞を付け直したものも沢山あります。
ということで、イギリスの曲で日本人もお馴染みのものや白秋作詞のものなど多数やりました。

後半、お客さんと一緒に唄うコーナーでは少しバテて集中力がなくなってしまいましたが、元気に唄うお客さん達に助けられて無事終えて、本当良かったです。

皆さん、ありがとうございました。
次回の共演がまた楽しみです。


写真は前日リハーサルの嵐山と翌日煙る嵐山。


さて今月残りのライブはこれ。

SOLO弾き語りを2週連続、大阪と京都で。
そして、昨年初めて京都でご一緒した東京在住のボーカリスト・うえむらかをるさんとのライブです。
よろしくお願いします!!

『Inner Song』島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

2012/06/22/FRI start19:00
十三【クラブウォーター
 ・・・阪急「十三」駅下車、西口より徒歩7分
 06-6305-8989 大阪市淀川区十三本町1-23-22
●チャージ¥2000(1drink付)
〈出演〉Nonsugar/島田篤/知華/トビナッツ
♪十三クラブウォーター第二弾!!

『Inner Song』島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

2012/06/28/THU open18:30/start19:30
京都 木屋町【わからん屋
 ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:  /島田篤

うえむらかをる・ライブ~Early Summer in Osaka

2012/06/29/FRI open17:30/start 1st.19:30 2nd.21:00
梅田【Jazz On Top 梅田本店】
 ・・・地下鉄西梅田駅から徒歩3分/JR大阪駅から徒歩10分
 06-6341-0147 大阪市北区曽根崎新地2-3-13 若杉大阪駅前ビルB1
前売¥3500/当日¥4000(+order)
●出演:うえむらかをる(vocal) 田中晴之(guitar) 島田篤(piano) ダンカン林(bass) 梅本啓介(drums)

♪これまで、東京を中心に活動して来ましたが、2011年から関西ミュージシャンとユニットを結成、ライブを行って行く運びとなりました。

今回のメンバーは、

かつて私が京都在住だった頃に、参加していた、ファッツボトル・ブルースバンドのギターで、今や京都のブルースギタリストの第一人者、田中晴之

オールジャンルのプレーヤーで指導者としても定評があり、関西在住のドラマーとして動かぬ地位を確立している、梅本啓介

昨年の京都ライブでもサウンドの要となり、自らもシンガーソングライターとして活動する島田篤

長年のキャリアで、腰のある低音でアンサンブルを支えてくれるダンカン林。

と、しっかりと地に足のついたグルーヴを展開するメンバーが揃ってくれました。

リズムアンドブルースを中心とした、英語の歌、日本語の歌等、メロディとビートにこだわったCaolu’s worldにぜひお越しください!!

よろしくお願いします。

うえむらかをる

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中