円広志/ウインズ ジョイントコンサート@紀南文化会館大ホール

結構更新サボってますね。

細々した日常のことはまた書くとして、昨日はこれでした。

円広志/ウインズ ジョイントコンサート

2012/4/8(日) @紀南文化会館大ホール

久しぶりの円広志さんコンサートはジョイントで和歌山の老舗バンド・ウインズさんと紀南文化会館大ホールにて。

ウインズ(以前はWINDSと英語だったみたいですが現在はカタカナで)は最初のデビュー時は一発逆転というバンド名で、確かその頃にウインズ・平阪さんのスタジオに一度だけ遊びに行ったことがある。
今山根康広バンドで一緒のギター・西本諭史も一緒で、その時がほぼ初対面みたいな感じだった。
初期の山根康広サポートをしていたのもウインズさんで、そういう意味では近いと言えるんだが、意外と縁がなかった。

こういうジョイントの場合、通常年功序列で芸能界の先輩である円さんが後に出るもんだが、今回はやはり地元のウインズさんが後にということに急遽なったみたいで、早めに入ったものの何もすることがなくリハ順を待ち、というのはいくつかバンドが出る場合逆リハと言って、最後の出演者から先にリハを行うのが通常で、つまり先にやる円バンドのリハは当然後になって、やることがないので会館の外へ出てみるとすぐそこが太平洋。
必然的に写真を撮ったりしていた。

しかし、和歌山でも紀南の紀伊田辺に位置するこの会場は遠い。
京都駅から特急くろしおに乗って約2時間半という長旅で、車中PCを触っていたら揺れる電車に酔ってきて少し気分が悪くなってしまった。

本来なら1本後の電車で間に合うんだが、それだと京都発がなく、新大阪で乗換だったので、ちょっと早く目覚めた私は京都駅まで行ってくろしおに乗れたのでそれは楽ちんだった。

で、駅構内のベーカリーカフェで珈琲とサンドイッチをいただき、待ち合わせていた他のメンバーと会場へ。

着いたら、出番の変更を告げられ、ええ〜〜〜まだ家で寝てられた〜〜〜とちょっぴり冗談でボヤきつつ(ここ笑うことろね)、先ほど書いたような段取りで時間をつぶしていた。

ジョイントのウインズさんのPAが、山根康広のイベントなどでお世話になっている橋本さんで、なんだかファミリアな1日だな。

私がこうして円さんのバンドをやるのは2回目で、最初の頃、つまり20年強ぐらい前はバリバリのロック編成、エレキギター2人で爆音でやっていて、ライブ中自分の音が聞こえないなんて日常茶飯事だった。
しばらく離れて、再びお手伝いするようになったら、アコースティックな編成に変わっていて、2パーカッション、ベース、アコースティックギター、ホーンセクション3人になっていた。
で、最近は再びエレキの要素も入れようと、エレキギター、アコースティックギター、ベース、ドラム、パーカッション1人、キーボード、ホーンという編成になった。
以前はカラオケを使っていた曲も完全に生でやることになり、ピアノとエレピ、オルガン、ちょっぴりストリングスを足すぐらいで良かった音色もいろいろ切り替えが必要になった。

で、本番も無事終えて、帰りはジャンボタクシーに5人乗り込み、高速で一路大阪梅田へ。
帰りは2時間弱だった。
車内爆睡していたのもあって帰りの車の方が早い感覚。

この春は少し円さんライブがあり、来週日曜15日も兵庫県太子町で、来月5日こどもの日にはカミングコウベというイベントライブでワールド記念ホール。
その前日4日は山根康広が初台新国立劇場である。


特急くろしお車窓より3枚。最初の1枚、山の峰々には風力発電の風車がずらずらと。これはほんの一部でした。
紀伊田辺駅、楽屋にて、ウインズさんサウンドチェック。
ウインズPAの橋本さん、会場前の海、津波に注意の看板。
紀南文化会館、コンサートポスター。
リハーサル、搬入口前の桜、夕陽。


さて、次回のライブはたがみひろやすさんとのDUO二度目の京都です。

たがみひろやす(vocal,guitar)with島田篤(piano,chorus)
     
2012/04/14/SAT open18:30/start19:30
京都 木屋町【わからん屋
 ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:蜂谷清香/ハチミツメロン/たがみひろやす+島田篤
♪たがみさんとのDUO、京都2発目!
 人間味溢れる唄を是非生で聴きに来てください!

そして、来週は初出演の十三クラブウォーター。

『Inner Song』島田篤(vocal,piano)弾き語りSOLO

2012/04/20/FRI open18:00/start19:00
十三【クラブウォーター
 ・・・阪急「十三」駅下車、西口より徒歩7分
 06-6305-8989 大阪市淀川区十三本町1-23-22
●チャージ¥2500(ドリンク込み)
〈出演〉
①yodo(acoustic)
②Bump feat.鈴木勇造
島田篤(vocal,piano)
♪昨年12月にジミースターダストさんと対バンしたご縁でお誘いいただきました。
 初の十三ウォーター出演。楽しみます!!

そして、待望のライブ!!!
詩人・桑原滝弥と、講談師・神田京子をゲストに迎えて!

島田篤 生誕四十九年前夜祭『祭りの準備』
      
2012/04/23/MON open18:30/start19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2300/当日¥2500(+1drink)
●出演:島田篤(vocal, piano)
GUEST:桑原滝弥(詩人) 
     神田京子(講談師)
♪昨年、彼らの企画
『詩人・桑原滝弥 × 講談師・神田京子 結婚五周年 報恩謝徳LIVE 「夫婦PANDORA」 』
に参加させてもらい、その時に関西に来ることあれば何か一緒に是非!とお願いして実現していて実現することになったこのライブ。
 この前日、詩人・谷川俊太郎とその息子であるピアニスト・谷川賢作のコンサートで関西に来ているそうで、その勢いで私のライブにも参加してくれるというありがたいお話。
 詩人の桑原滝弥とはお互いのライブを観たり観られたりしている仲で、彼の圧倒的なスポークン・ワーズはもう誰もが認める素晴らしさ。
 対する京子さん(こう呼ばせてもらいます)、私自身、講談はまだ生で観たことがなく、ちょっと勉強しとかないとなあと思いつつ、このコラボがどうなるのかと楽しみなのです。
 ちょっと馬鹿馬鹿しいこともやりたい&やらせたいとほくそ笑みつつ内容を追々煮詰めて行き、このブログなどにアップ出来たらと思っているので、目を離さず、心に止めて、そして必ず足を運んでください。

 あ、そうそうこの日は私の誕生日前日でもあるのです。
「祭りの準備」乞うご期待!!
 先日の東京行きでお2人に会い、少しお話させてもらいましたよ~ん!!
 
桑原滝弥
1986年俳優としてデビュー、以後ジャンルを問わずさまざま表現活動を展開。1994
年詩作開始。詩人類代表。
~主な活動~
詩集「花火焼」(にこにこ出版)
詩選集「あなたにあいたくて生まれてきた詩/宗左近・編」(新潮社)
TV「さらさらサラダ」(NHK名古屋)
演劇「にんにん忍者でんエモン一座」(世田谷パブリックシアター)
イベント「谷川俊太郎トリビュート 俊読」(全国各地で開催)

神田京子
1999年二代目神田山陽に入門。2000年山陽他界により、神田陽子に師事。
日本講談協会所属・落語芸術協会所属。
~主な活動~
TV「趣味悠々・フォト五七五」(NHK教育)
ラジオ「日曜バラエティー」(NHK第一)
webコンテンツ「敬語おもしろ相談室」(文化庁)
ワークショップ「世界青年の船」(内閣府/日本丸船内ホール)
ライブ「神田京子独演会/連続講談物シリーズ」(横浜にぎわい座・のげシャーレ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中