東京四日目

翌日、帰宅前に行きたいところがあった。

目黒寄生虫館。

ずっと昔から名前だけ知っていたが、何故か行くことを思いつかず、最近になってライブの折りに寄れば良いんだと気付きました。

※関係者様へ
写真撮影可ということだったのでアップしていますが、不適切な場合はご連絡ください。


寄生虫には興味があって、ここの創設者亀谷了さんの本も読んだことがある。

ここは入場無料で寄付制になっているので、入ってすぐに募金箱にお金を入れた。
と言っても、千円ぽっちだけど少しは足しになるかなあ。
館員さんの時給の足しにはなるか、と考えつつ。

中は整然と標本が並べられた棚と、寄生虫の生態をわかりやすく説明したボードなどがあって、狭いんだが充分楽しい。

標本は宿主の体ごとの物は結構気持ち悪いが、寄生虫が単体での標本はブラックライトに映えて綺麗。
こうして見ると、グロテスクな形の物も愛おしく見えて来るから不思議。

まあいろんな形のがいて、ほとんどが小さいが、ここにも展示されている日本海裂頭条虫、いわゆるサナダムシの標本は長さ8.8m。


そう言えば、実物の寄生虫を見たことがある。

買って来た生のスルメイカを食べようと開いたら、身の内側にアニサキスが食いついていて、そいつらはまだ生きていたので少しモゾモゾ動いていた(大汗)。
さすがに気持ち悪かったが、勿体ないので開いた一杯はアニサキスを丁寧に取って料理した。
どうりで安かった筈だと残りの一杯は捨てました。

皆さん、生ものは注意して食べましょう(笑)


すっかり堪能して出て、寄生虫館に来る前に連絡をくれた詩人の桑原滝弥に会う為に電話を。

タッキー(と私は呼んでいる)とは、名古屋のライブハウスTOKUZOで出会った。

彼の朗読はとても躍動感に溢れていて、すっかり魅了されてしまって大阪に来た時に観に行ったり、彼も律義な男なので私の東京でのライブを聴きに来てくれたりしていたが、昨年彼と奥さんである講談師・神田京子さんの結婚5周年を祝う夫婦ライブがあり、それにお呼ばれ参加して初共演を果たし、その縁で来月23日に私のライブにゲストとして来てくれることになった。

わ〜〜〜〜、パチパチパチ。


そんなことが待ってるので、ちらりと愛に、いや会いに目黒の隣の五反田へ。

彼が是非連れて行きたいという店へ。
テクテク歩くこと、、、わりと歩いたなあ。

マリサという喫茶店へ連れてってもらい、なんとも東京の下町の人が集うディープスポットな感じで、他のお客さんも含めわいわいしていると、そこへ京子さんも合流してくれて打合せ的なこともでき、夫婦で昨年の震災被災地へ公演しに行った時感じたという良い話も聞けたりした。

やっぱ、生半可じゃないんだよな〜、表現する演じるってこと、演者とお客さんの関係。

で、真面目な話はそこそこに、わいわいしているとあっと言う間に帰りの新幹線の時間になり、タクシーを呼び止めてもらい駅まで。
なんだか、いろいろと世話になってしまい、かえって悪いことしたなあとか思いつつ、今度の神戸は私がお世話する番だと肝に銘じてる内に品川へ。

今回の東京行、何かと実りの多い旅だったと思う。
あまり間を空けずにまた行きたいと思った無事の帰路でした。


タッキーと京子さんという魅力的な夫婦がゲスト参加してくれるライブ。
お2人の素晴らしいプロフィールは、下のリンクから。
朗読とはやったことがあるが、講談は初めて。
とても楽しみだが、生の講談を観た事がある人は少ないと思うし、場所も寄席ではなくライブハウスなので、万障繰り合わせてのお運びをお待ち申し上げます〜〜〜。
あ、そうそう、彼らはこのライブ前日、谷川俊太郎、賢作親子の公演「詩と音楽の贈りもの」にゲスト出演します。
そちらも、どうぞよろしく。

島田篤 生誕四十九年前夜祭『祭りの準備』
      
2012/04/23/MON open18:30/start19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥2300/当日¥2500(+1drink)
●出演:島田篤(vocal, piano)
GUEST:桑原滝弥(詩人) 
     神田京子(講談師)
♪昨年、彼らの企画
『詩人・桑原滝弥 × 講談師・神田京子 結婚五周年 報恩謝徳LIVE 「夫婦PANDORA」 』
に参加させてもらい、その時に関西に来ることあれば何か一緒に是非!とお願いして実現していて実現することになったこのライブ。
 この前日、詩人・谷川俊太郎とその息子であるピアニスト・谷川賢作のコンサートで関西に来ているそうで、その勢いで私のライブにも参加してくれるというありがたいお話。
 詩人の桑原滝弥とはお互いのライブを観たり観られたりしている仲で、彼の圧倒的なスポークン・ワーズはもう誰もが認める素晴らしさ。
 対する京子さん(こう呼ばせてもらいます)、私自身、講談はまだ生で観たことがなく、ちょっと勉強しとかないとなあと思いつつ、このコラボがどうなるのかと楽しみなのです。
 ちょっと馬鹿馬鹿しいこともやりたい&やらせたいとほくそ笑みつつ内容を追々煮詰めて行き、このブログなどにアップ出来たらと思っているので、目を離さず、心に止めて、そして必ず足を運んでください。

 あ、そうそうこの日は私の誕生日前日でもあるのです。
「祭りの準備」乞うご期待!!
 先日の東京行きでお2人に会い、少しお話させてもらいましたよ~ん!!
 
桑原滝弥
1986年俳優としてデビュー、以後ジャンルを問わずさまざま表現活動を展開。1994
年詩作開始。詩人類代表。
~主な活動~
詩集「花火焼」(にこにこ出版)
詩選集「あなたにあいたくて生まれてきた詩/宗左近・編」(新潮社)
TV「さらさらサラダ」(NHK名古屋)
演劇「にんにん忍者でんエモン一座」(世田谷パブリックシアター)
イベント「谷川俊太郎トリビュート 俊読」(全国各地で開催)

神田京子
1999年二代目神田山陽に入門。2000年山陽他界により、神田陽子に師事。
日本講談協会所属・落語芸術協会所属。
~主な活動~
TV「趣味悠々・フォト五七五」(NHK教育)
ラジオ「日曜バラエティー」(NHK第一)
webコンテンツ「敬語おもしろ相談室」(文化庁)
ワークショップ「世界青年の船」(内閣府/日本丸船内ホール)
ライブ「神田京子独演会/連続講談物シリーズ」(横浜にぎわい座・のげシャーレ)

そして、明日のライブ!!

Velvet Moon 50th Anniversary

2012/03/19/MON open18:30/start19:00
京都【UrBANGUILD
 ・・・京阪『三条』駅から西へ進み木屋町通りを南に約150M
 075-212-1125 京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F
●前売¥2000/当日¥2300(1drink付)
●出演:
 今貂子(舞踏) + 仙石彬人(TIME PAINTING,visual) + ryotaro(sound)
 竹ち代毬也(dance) + 島田篤(piano)
 きんとと + Yuri + 倉田憲一
 s l o n n o n + sonsen gocha bacco
♪以前から何かご一緒したいと思っていた竹ち代さんからお誘いいただいたのは、50回目を迎えるUrBANGUILDの名物イベントVelvet Moon。楽しみです!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中