BANANA CLUB REVISITED

いつまで経っても現在に追い付かないこのブログ。
でも頑張って書くのだ。


Plaza de Fuente 大東市ワインコンサートの翌日。

昔々あるところにBANANA CLUBというフュージョンバンドがあったそうな……

と、書き出したくなるくらい懐かしいバンドが一夜限りの再結成(?)。

『BANANA CLUB REVISITED   featuring ; JAYE &CHAKA』

BANANA CLUB
エレクト堀埜(guitar) エレファント酒井(sax) 則竹裕之(drums) 上辻徹身(percussion) 島田篤(keyboard)
サポートメンバー 坂下貞行(bass)

guest vocal
JAYE公山 CHAKA

2011/12/10(土) @堂島リバーフォーラム

  1. David Sanborn Medlay
  2. Echoes Of NY(作曲/堀埜浩二)
  3. Fading Summer(作曲/堀埜浩二)
  4. Human Nature
  5. Spain
  6. Wonderful Tonight
  7. Through The Fire(CHAKA)
  8. I Wish(JAYE)
  9. A Whole New World(JAYE&CHAKA)
  10. Theme for Japan Medecine
  11. Never Give Up(JAYE&CHAKA)
  12. Rhythm Of Your Heart(作曲/堀埜浩二)
  13. You’ve Got A Friend(JAYE&CHAKA)

まだ私が20代前半だった頃に加入したバンド・BANANA CLUB。

パッと見、ゲイの集会のようにも見えるこの名前(汗)。
いや、そんなセンスの悪い名前はゲイの人は付けないか。
こりゃ失礼。

何故この名前になったかは私は後から加入したのでわからない。
聞いたことがあるのかも知れないが忘れてしまった。

私が入った当時いたメンバーがリーダーのエレクト堀埜、エレファント酒井、則竹裕之。

皆さんご存知かと思うが、則竹裕之は元T-SQUAREのドラマー。
BANANA CLUBをやっていた関西時代からとにかく巧いドラマーで、その当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったスクエアに抜擢されたのがまだ24歳ぐらいだったんじゃないか。

そこへ加入したのが、別のバンドのパーカッションだった上辻徹身。

ベース担当だった原満は現在某外食店のエライさんになっていてベースに触っていないので無理だったんだろう、東京からひょんなことでエレクト堀埜が知り合ったベーシスト・坂下貞行さんを招いて手伝ってもらうことに。

今回、堂島リバーフォーラムというゴージャスな会場でやることになったのは、上辻さんが起こした調剤専門薬局・日本薬局の15周年パーティの為。

もう少しだけBANANA CLUBの説明をするが、このバンド当時結構人気があって、バーボンハウスやバナナホールといった会場を満杯にしていた。(私の力では無い。笑。否、涙)

このバンドのドラマーはみんな東京へ行って活躍するという宿命を背負っていて、則竹裕之を初め、古江俊裕、山下政人と歴代素晴らしいドラマー揃い。

その中でも、今回、セッションドラマーとして引っ張りだこで平原綾香のサポート等も務める則竹裕之との再会はとても楽しみだった。

最初のリハーサルでは則竹が来れない為打込みのリズムでやっていて、これで大丈夫なんか?という疑問符もあったが、本番前日昼間のリハーサルでは東京から駆け付けた則竹と1曲だけ合わせる時間があり、もうばっちりだという確信を得て私はリハスタを飛び出した。

本番はゲストボーカルも迎えて、懐かしいオリジナルの曲やカバーの曲などいろいろやったが、圧巻だったのはやはりドラムソロ。

それと、久々に一緒にやった彼のプレイに、関西時代にはそれほど感じられなかった野性味が加味されていて、力強さや推進力がもう素晴らしく、横で弾いている私としてはもう身も心も委ねて楽〜にやれた。

他のメンバーとも会うとパッと時間が縮まり、あの頃と変わらない感じがして本当に楽しい機会だった。

ひとえに上辻社長のおかげと感謝致しております。
そして、ビッグアップル・プロデュースとして、今回全てを取り仕切ってくれたリーダーの堀埜さんにも感謝。

録画していたそうなので、その鑑賞会をやるとかやらないとか。
それも期待しています。

ベースの坂下さんという新しい出会いもあり、JAYEさんCHAKAさんというボーカルのお二方とも初共演、再会もあり、エレファント酒井とも本当に久々に一緒に音を出し、そして会社のパーティ自体の雰囲気があたたかく、とても心地良い1日でした。

皆さん、ありがとうございました。


下真ん中、エレファント酒井と則竹裕之。
掟破りの遠近法無視!!

この日は皆既月食で打ち上げ会場へ向かう中見上げた夜空、確かに月が隠れていってた。


さて次のライブは、好評たがみひろやすさんとのDUOでのライブ。
ピアノ主体のイベントライブに出演。

「ウタとピアノとギター de Night Vol.0」
たがみひろやす(vocal,guitar)


2012/02/03/FRI open18:00/start18:30
梅田【AKASO
 ・・・各線「梅田」「東梅田」駅/JR「大阪」駅より徒歩約10分
 06-7897-2450 大阪市北区堂山町16-3
前売¥2000/当日¥2300(+1drink)
●出演:たがみひろやす(vo,gt)/日向陽生/他(全4、5組の予定)
♪好評なデュオでのライブ。
 ボーカルとコーラスとギターとピアノが絶妙にハモります。
チケット:umeda AKASOにて予約受付
問:umeda AKASO 06-7897-2454

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中