after “3.11”

(この記事は昨年夏頃書き始められた。おめでたい時に相応しく無いのは承知の上でアップする。正月早々それはいいよと思う人、不快になりたくない人は読まない方がいいと思われます。)


「地震と津波は天災だ。起こるのを食い止めることは出来ない。
が、原発は我々一人一人の力で止められる」

これは確か、原発批判で有名になった中学生アイドルの言葉だったか。

全く正しくその通りで、これ以上付け加えるべき言葉は無いぐらい完成されている。

ただ、ずっと控えていた言葉が無数にある。
今回はそれを無造作に書く。


まず、今回の地震による原発事故で「え?!」と思ったこと。

チェルノブイリという深刻な事故があったにもかかわらず、ネット上で驚くぐらい見かけた言葉、いわゆる識者と呼ばれる人も発した「今回初めて原発の恐ろしさを知った」という言葉。
私はこの言葉自体が恐ろしいと思った。

無知、無関心、対岸の火事、いくらでも表現はあるが、この感覚、危機に対する本能的恐怖感の欠如。
これが、全ての元凶だと思う。

恐怖感を増長させない為、敢えて知識を拒絶するということではなく、ただ単純に知らないという事実。
事実を知らない、知ろうとしないで平気な人の方が多いという事実。

人間が作ったものはいつかは壊れる。
どんなに優れた科学者が作った優れた装置も例外ではない。
それは単純で、避けられない事実だ。

原発が「ほぼ」というカッコ付で「巨大隕石が地球に衝突する確率」で壊れないと言ったのは、日本の最高学府、東京大学のお偉い先生だ。

東大、アホだな。
大したことないな。
所詮、人智なんてその程度だ。
勉強ができるのと、頭がいいのは全く別物だが、東大はどうやら勉強が出来れば入れる程度の大学だったらしい。

私の認識がそう変化したのは、今回の原発事故でまず駄目だなと思ったのは、原発建設に際しお墨付きを付けたのが日本最高の知識を持つ筈の学者達だからだ。

まず、今回の原発事故の責任の一環は、原発建設に反対しなかった学者達にある。
百歩譲ってもう少し言うと、建設するに当たってのリスクに対する基準値を低く見積もり過ぎたことが事故の第一の要因だ。
情けないとしか言いようが無い彼らのアホさ加減の半端無さは、例えば、プルトニウムを飲んでも人体に影響は無いという言葉に代表される、自分たちで検証したのでもなく「臨床的には未だに何も証明されていない」ということをすり替えて「害は無い」と言い切ったバカ学者の非科学的痴呆言が象徴する通りだ。

彼らは何故そんなにバカなのか。
少し、譲ってバカになってしまったのか。
答えは簡単だ。

金だ。

研究費、補助金、どういう名目かは知らないがとにかく札束を目の前にチラつかせられ、マタタビを嗅がされた猫のようにゴロニャンとなる学者がいたという事だ。

彼らは今後も、あらかじめ準備していた言い訳をするだろう。

だが、そもそもの根底から科学的根拠に基づいた思考を辿らずに「原発=安全」と言い切ったことは、今回事故で明るみになった様々な事実から明白だ。

まず、学者さんに猛省を促したい。
学問を追求するのが仕事の学者が学問を売ったのだ。
言語道断。
切腹して欲しいぐらいだ。


日本という地震多発国、巨大地震が起こりやすい地域に、何十個もの原発を造るのが非常なリスクを伴うのは誰もがわかっていた筈だ。

しかし、直接的に利益を得る面々、電力会社や関連企業はやりたいのだから、なんとかしてやる方向で偽政治的な手法を取って来るのは当り前だとも言える。
だが、そういう時に真実に忠誠を誓っている筈の学者が防波堤になるべきだったのに、逆に推進に力を貸し、自分たちはのほほんと暮らし、事故が起こった今となっても自分たちのミステイクを認めようとしない。

東大やその他の日本の最高の学歴を持つ方々は、実は科学的思考法がないただのアホだったのだ。


私は原発は反対だ。
原発だけじゃなく、全ての核使用は反対。

その上で敢えて言う。

日本にだけは原発を建設してはいけなかった。

日本の国土は非常に狭い。

原因に関わらず、原発が事故を起こせば、必ず特定の地域は住めなくなる。
この狭い国でどこに移住するかの心配ではなく、沢山の情報を得ようと努力している人ならわかるだろうが、現在どんなにリスクを低く見積もっても福島県はほぼ全域が住んではならない放射線値で、それが今後数十年続き実際に住めるぐらいにまでなるのはおそらく百年以上かかる。

そして、危険性を考えればそれは福島県に留まらず、もっと広範囲に亘ることはチェルノブイリと比較しても明白だ。

つまり、非常に沢山の人々が故郷を失い、移住を余儀なくされるのだ。

この国の政府がまともならばだが、

本来なら強制的に避難、移住を余儀なくされるだけの放射線量の地域を、この国はリスクを低く見積もり避難を解除し元の所に住めと言っている。
そして原発推進の為に、また学者や省庁の人間達が現地に出向き「安全」洗脳を行っている。
そんな国だ。

故郷に住みたいという住民感情は理解できるが、生き物は健康に生きていること、それが最優先な筈だ。
いくら歳を取っているからといって、数年後あるいは十年二十年後に健康を害しそれに一生苦しめ続けられながら生きるのを選択してはならないと私は思う。

老若男女問わず、一刻も早くリスクの高い土地は捨てて、新しい土地で生きる工夫が出来るだけの支援をするのが国の役割で、その為に高い税金を払い、保険料を払っているのだ。

憲法にも書いてあるが、そんなものを読まなくても、国というのはその国民の生活を守るのが仕事でそれが出来ない国は駄目だ。

既に非常に沢山の人が、ふるさとを失い、家族や友人知人との絆を絶たれる事を余儀なくされ、それでもリスクの高い地域に住んでいて国はそれを黙って見ているだけではなく、押し進めている。
こんなバカな話があってたまるか。


瓦礫を全国に拡散させるという動きがある。
これに賛成する人もいる。

曰く「米軍基地も放射能もシェアした上で当事者として考えることからしか民主主義は生まれないと思います。東電も政治もポンコツだから我々が決めるしかない」「未だに積みあがった瓦礫を前に被災地の人は見捨てられたとしか感じないと思います。これは水俣で起こったような被害者を分断する行動だと思います。」という意見だ。

この意見はわかる。
わかるが私は賛成できない。

瓦礫を拡散する事は、ただでさえ狭い国土の何処へ行っても安全性が担保される土地がなくなるに等しいことだ。

瓦礫が積み上がったままなのは放射能汚染されているからだ。
汚染されていなければ、とっくに片付いている。
汚染の原因は原発事故だ。
原発事故はそれを建設し、推進して来た側に責任がある。
だから、積み上がった瓦礫を見て、そこに住む人々は原発推進派を恨まなければならないし、今後は原発を存続させない、そうなるのが私は自然な感情だと思う。

しかし、そこを金にモノを言わせて来たのが原子力ムラのやり方だ。

もし瓦礫が拡散されたら、その土地にある放射性物質に対するフィルタリング機能のない焼却炉で燃やされ、そこから周辺に放射性物質が撒き散らされることは目に見えているし、現にそうした事が行われている地方もある。

放射能汚染された瓦礫は拡散せず、なるべく一カ所に集めるべきだと思う。
たとえその周辺が全く住めなくなったとしても。

放射能をシェアするという考え方は、私には全体主義に見える。
一億総火の玉と同じ感覚だと感じる。
これは民主主義ではない。

確かに私の(感情や感覚を共有出来なくても、いけないことはいけないという想像力が必要だ)に対する「そういった想像力があれば沖縄の基地も、原発もとっくになくなってる」という彼の意見は正しい。

だが、当事者となるにはリスクが高すぎる事が世の中にはある。
取り返しがつかない事が既に起こって、それを食い止めようというのではなく、全員でシェアするというのは、問題の先送りにしかならないと思う。

シェアしたって、わからないヤツはわからないのだ。
それこそ、国や電力会社の思うツボだ。


残酷なことを言う。

危険な地域に住む人は即刻、土地を捨て新天地で生きる方法を模索して欲しい。
そして、その為の補償を国と電力会社に賠償してもらうべきだ。

おそらく長い裁判になるし、確実に勝てるかどうかは定かではない。

だが、健康に生きて闘うか、病いに瀕して闘うかを選べる、今がギリギリだと思うのだ。


水も含めた食糧の問題もある。

が、これは半分諦めている。

今までだって、食糧は生産から流通まで、少ないかも知れないがあくどいヤツらはいて、リスクが見過ごされて来たのだ。

今更全てが信用できるようなシステムに変わるとは思えない。

願わくば、作らない(獲らない)、流さない、売らないが徹底されるのが望ましいが。


放射線に対して、寛容な見方もある。

低線量被曝に人体が慣れるという見方もその一つだ。

その可能性がゼロだとは思わない。

体外に排出する機能が格段に進化する人もいるだろう。

しかし、それを当て込むのはお門違いな考え方だ。

なるべく被曝しない方法と努力。
これの周知しかない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.11

私は東京に居た。
10日を除く8日から12日までの4日間のライブの為だ。

グラグラと揺れ始めたのは、ちょうど新宿で、ある打ち合せが終わりかけた時だった。

その日のことは以前のブログに詳細に記してあるので興味のある方はそちらをご覧いただきたい。
旧shimalog「東京4days ~中日から測量船~」(※こちらのブログは現在停止中です)
http://air.ap.teacup.com/shimalog/955.html

地震が実際にはどれくらいの規模かを知ったのは、この日ライブの予定だった会場APIA40に着いてからだった。
APIA40で原発が事故を起こしたことをネット中継で見ていた。

恐ろしいことになったと思った。

だが、今から考えるとあの時感じた恐ろしさは地震や津波という大自然の脅威に人間が作った建造物がいとも簡単に破壊され命が奪われるという天災に対する恐怖がほとんどだった。

私はチェルノブイリ後、山岸凉子の「パエトーン」を読んで、原発がこんなにもヤバいモノだったのかと知り、いろいろ調べた。
すると、今回の事故で有名になった、二十年間原子力発電所の現場で働いていた平井憲夫氏の記事【原発がどんなものか知ってほしい】(平井氏は放射能によるものだろう癌で既に亡くなっている)に行き当たり益々原発への恐ろしさを認識させられた。

しかし3.11当時の私は、地震と東京の交通マヒ、ライブの中止、翌日のライブの有無、などなど様々なことに気を取られ原発の恐ろしさを忘れていた。
というより甘く見ていた。

東電や日本の優秀な技術者がきっととんでもない事態だけは食い止めてくれる。
こんな時こそノラクラしていた政治家達も国民のことを第一に考え迅速に的確に動くだろうと。

それは途轍もなく甘い考えだった。

翌日、翌々日と、刻一刻と状況は悪化し、しかもどう見ても正しい情報が大メディアからは伝わって来ないのだ。

毎日相変わらずの「タダチニエイキョウナイ」発言を続ける政府には国民を助ける意思がないことを認識するしかなかった。
保安院や安全委員会というものが、原発の安全性なんか屁とも思っていないことも、関係各省庁も嘘のデータばかりリークしていることもわかり、しかもテレビ新聞の大メディアがそれらの行き当たりばったりで不正確な情報をなんのチェックもせず流していることもわかった。

それだけではなく、原発というのは途轍も無く巨大な利権を生み、その利権に政治家も官庁も学者もメディアも搦めとられているのだと知った。

利権を貪るハイエナのような連中だけではなく、原発が建設される土地の人々にもものすごいお金が流れているのだと知った。

一番恐ろしいのは、欲に目が眩み、金に負けてしまった人間そのものだったのだ。
他人事ではなく、それはつまり我々全員ということだ。

津波や地震は確かに甚大な被害をもたらした。
沢山の命が喪われた。
が、時間が経てばまだ立ち直れるチャンスがあった。

しかし、原発事故に関しては、欲に目が眩んだ輩がこの日本を牛耳っているのだから、どうにもならないし、どうしようとも思っていないことが見て取れるのみで、日々刻々と時が過ぎていくだけ、時間が経てば経つほど立ち直るのが困難になっていくのだった。
早く止めていれば、早く対処していればここまでの大事故にはならなかったというのは結果論でただの推測にしか過ぎないが、確率の観点から見れば、対処が後手後手に回っていることが悪影響していることは紛れもない事実だ。
そして、対処が後手に回る理由はただ一つ、利権=金だ。

日本人は金に負けたのだ。
残念だがそれは認めないといけないことだ。
俺は違うと1人息巻いても仕方がない。
この国を動かし作って来たのは国民一人一人の責任だ。

なんということだ。
この国はここまで酷かった。
政府も官僚も電力会社を初めとする財界もジャーナリズムも、全てが私の予想を超えて遥かに腐っていた。

暗澹たる気持ちだった。
せめて原発で何が起こっているのかを知りたかった。
それを知らないことには死んでも死に切れないと思った。
知らないこと、未知なモノに対する恐怖が私の心の中に巣食い蔓延っていった。

4月に入り、小出裕章氏のインタビュー動画を見た。
小出氏のことは全く知らなかったが、明解な説明で現在の原発の状況が把握でき、ようやく一条の光が射した気分になった。
その光は決して輝かしい未来を保証するものではないが、それでも何も知らない恐怖よりはよほど良かった。




そして、未だに政府も東電も官庁も大メディアも、情報を隠蔽し続け、放射線被曝量の基準値を改悪し、避難したい人々は避難できず、放射線を含んだ食品や瓦礫が日本全国にバラまかれ、原発からは相変わらず毎日放射性物質が漏れ続けていて、もはやその数値さえ最近では報道しない。

ナチスドイツのユダヤ人殲滅作戦に匹敵するぐらい凄惨な結果を生む可能性を秘めたまま、放射性物質が拡散し続ける一日が通り過ぎてゆく。

首相下ろしだ、食べて被災地を救おうだの、優先させて欲しいこととは真逆のキャンペーンを展開するのみ。
あいも変わらぬ情報操作ぶり。

もしやこうなることを運命的・本能的に感じ取って少子化が進んでいたのか、と勘繰りたくなるぐらいの酷い現状だ。



やはり怖いのは天災でも原発事故でもない。
人間そのものだ。

しかし、ここからどうするかだ。
もう何もしない、何も知らないでは済まされない。
原発のような危険なもの、人間が制御できないものは全世界から無くならせないといけない。
なんとかして、原発の停止、建設中止、輸出を中止させないといけない。

こんな文章を読むより、的確に全てを表現しているこの動画を最後に貼っておく。

広告

after “3.11”」への3件のフィードバック

  1. 明けましておめでとう御座います!  兎年も終わってしまいましたね。

    仕事の帰り道の商店街の脇道の長屋に、面白い食堂&バーが出来て、
    去年の年末に寄ったときに、店の女の子が自分の将来の話をしてきて、
    農業をやりたいけど北日本は放射能が怖いから、南の方で探します、と。

    すると、別の客の若い男が、「福島の人の気持ちを考えろ!」と怒り出し、
    女の子は、「産まれてくる子供のことが心配で…」と、戸惑っていました。

    ファッションの流行みたいに、急に原発反対!とか言い出してる人たちに
    私は違和感を覚えます。そして、民意なんて軽くて薄っぺらなもんだな、と。

    何の落ち度が無くても、理不尽な決断が必要なことは、庶民にはあります。
    みんなが好きな場所で好きな仕事をして暮らせれば、それが理想ですが。

    無能な政治家と残酷な自然災害に為に、そして本人と家族と日本の為に、
    原発事故の影響を強く受けている地区からは、早く退去してほしいですね。

    • 卯年、私は散々でした。

      瓦礫の問題も、自分達さえ良ければ被災者はどうなってもいいのか?という意見を聞いて、そういう怒りはもっともだけど、逆に言うと、今瓦礫からは被曝せずに済んでいる人を被曝させてもいいのか?ということがあります。

      被災者が被曝しない為に一番良いのは逃げることです。
      後のことはそれから考えればいい。
      ただ、逃げられない人がいるというのが現実なんでしょうが。

      私の目から見ると、逃げないのにはそれなりの理由があるのだから、それによって派生する問題は自分達で解決する必要があると思います。

      これを市民の対立や国による分断という言葉で表現する人もいますが、根本的に違うことだと思っています。

      それぞれの立場でそれぞれが思うことがあり、当事者が怒るならわかりますが、そうではない人が代弁する形で怒っても意味がありませんね。

      まだまだ福島第一原発は危険なので、少なくとも福島県民は逃げて欲しいです。
      生きてるうちが花。
      命あっての物種です。

  2. このところ、福島第一原発4号プールの倒壊の危険性がネット上で取り沙汰されている。
    東北及び関東方面にお住まいの方は、くれぐれも成り行きに注意して、もし4号プール倒壊が起こったら、政府がどう言おうとすぐに逃げてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中