原將人監督『初国知所之天皇』(はつくにしらすめらみこと)

映画作家・原將人さんから電話がかかって来たのは7月10日。
その時は取れず、連絡が着いたのが翌11日。

「22、23、24と奈良で『初国』をやるんだけど、どこか1日を一緒にやりませんか」

急な話だったが、うまくスケジュールが空いていたので即座にOKの返事をした。

◆ 映画作家 原 將人「初国知所之天皇」ライブ上映会 ◆

2011/07/24/SUN @奈良スタジオワルハラ

監督:原將人(映写、ピアノ・唄&ナレーション)

幻のオリジナル全長版 8ミリ 復活ライブ上映!

ゲスト:島田篤(ピアノ)

2002年に『MI・TA・RI !』の京都上映に参加し、初めて原監督の作品や人柄に触れ、今年公開予定の劇場映画『あなたにゐてほしい』の音楽に携わって来た中で、原さんの唄とピアノと共にやるのは初めてだったし、とても楽しみにしていた。

と書いてもピンと来ないだろうし説明すると、

原さんは映画を撮るだけじゃなく、自分で8mmの映写スピードを4倍8倍と変化させながら上映し、ナレーションし、自分で作詞作曲した唄をピアノで弾き語る。

文字通りライブ上映なのだ。

この作品についてはこちらの原將人全作品というサイトをご覧になると詳しいが簡単に説明すると、1973年の作品で元々8時間ぐらい(ぐらいというのはその日その時々で原さんが8mmを回すスピードを変化させる為)の上映時間、そのフィルムは一度火事に遭い焼失していたが熱で変形した8mmの入った箱の中身を確認すると奇跡的に無事で、今回オリジナルとしては34年ぶりのライブ上映に至った。


JR奈良駅から歩いてすぐの会場ワルハラに着く。
ここがまた凄い所で、基礎や鉄骨は違うだろうが、ほとんど全部をオーナーの中村さんの手造りという映画の上映や音楽イベントなんかもできるスペース。

ちなみにワルハラの由来はワーグナーの歌劇中の城の名前から。
「炎上してしまいますねん」と、笑みを浮かべながら中村さん。

最近は上映スピードが速くなって、全部で5時間ぐらい。
それに、青春18切符割引が使えたこの上映に、東京などから18切符で来場する人の都合を加味しての9時から翌朝4時までという上映時間になったらしいが、まだ誰もいないとのこと。

本当に地デジ化したの?とか、のんびりと会話。


原さんの左隣にセッティング。
スクリーンの奥にある、昔の映画館で使っていた超巨大スピーカーから音を出す。
どれくらいの大きさかと言うと、だいたい2.5m四方ぐらい。
今時のPAの一番デカイぐらいの大きさだろうか。
2対あるそれは、大外が米国製、内側はドイツ製。
低音に勝る米国製はハリウッド映画向きで、昔はスピーカーによって随分映画の印象が変わったんだなと。

どちらも鳴らしてみて、今回は上品で会話の再生能力に勝るドイツ製を使用。
良い音だった。

その他にも興味深いusedの機材が山ほどあったがそれは置いといて。

サウンドチェックをしていると、遂に青春18切符を使って岡山から来てくれた方が。


そしていよいよ本番。
映画も初見なら、曲も初見で、原さんの奏でる音に合わせつつ、ナレーションの後ろは即興でというリクエストで、たまにライブ中に簡単な指示(「もうちょっと不協和音で」とか)がある意外は本当に何の打合せも無く、ほとんどずっと弾いていた。
原監督はというと、私の横で映写機を回し、スピードを変え、唄い、弾き、ナレーションするという、文字通り八面六臂の活躍で、これを二日間1人でやっていたんだから驚く。

全部で5幕あり、休憩も長めに取りつつなのでお客さんとも会話したり、真夜中過ぎ3幕後の休憩で私は食事に出たり。
およそ、一般的な映画の上映とは違うところが面白い。

結局、30分ぐらい押して始まったライブ上映の終演は4:20頃。
さすがに筋肉疲労はあったが、長時間やったという疲れはさほど無い。

で、4:50の始発に乗って京都へ。

これを逃すと30分は電車が無いので焦っていたのか、さすがに譜面台の忘れ物をしたことに気付いたのは京都にほぼ着いてからだったが、原さんから預かってますという電話があったのでまた京都のご自宅かどこかまで取りに行くという「会える口実」ができた。


岡山から来てくれた方や、ミニアコーディオンやコンサルティナで弾き語りをやっているというゆやさん、そして京都からの帰りに寄ってくれて最後までお付合いしてくれた映画監督の横田丈実さん(私が音楽を担当した『大和川慕情』の監督)、その他ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。

素晴らしい会場、否、お城ワルハラのオーナー中村さん、お疲れさまでした。

そして、原監督、お疲れさまでした。







木曜日はソロ@京都!

『Inner Song』島田篤(vo,pf)弾き語りSOLO

2011/07/28/THU open18:30/start19:30頃の予定
京都 木屋町【わからん屋
 ・・・阪急『河原町』駅より西木屋町通りを北へ徒歩6分、シャイン会館3F
 075-213-1137 京都市中京区西木屋町六角北西角 シャイン会館3F
前売¥1000/当日¥1200 (+1drink)
●出演:久ぼたなお子(vo,gt)/島田篤(vo,pf)

広告

原將人監督『初国知所之天皇』(はつくにしらすめらみこと)」への2件のフィードバック

  1. 翌日、仕事だったので涙を飲んで諦めたのですが、やっぱり行きたかったと今更後悔です(T_T)
    青春18切符割引、今は夏休みでしたね。うちの義兄は青春18切符で島根から昨日帰って来たところですが、
    芸術公演にも割引が効くとは知りませんでした!
    会場のワルハラさんも、お写真から雰囲気が伝わります。本当に残念です・・・。
    次の機会に出会える事を願っています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中