柴田奈穂DUO

今回の地震と津波、そして原発事故による被害、被災は本当に心が痛む。
一刻も早く被災者の救済と被災地の復旧をと願うしかない毎日。
日本国民に留まらず世界からも届くその願いも虚しく、復旧避難はおろか正しい情報すら報道されず、そのさなかに原発は安全と言い出す政府閣僚と東京電力、原子力保安院、安全委員会。
完全に狂っているとしか思えないことが現実に行われていることへのやり場の無い気持ち。

悶々とする中、Plaza de Fuenteでも共演するバイオリンの柴田奈穂さんからチャリティライブをするので手伝ってほしいとの連絡をもらった。

少しでも何かの役に立つなら。
柄にも無く、そういう思いで引き受けたコンサート。

カトリック桂教会
『東日本大震災被災者支援 チャリティーコンサート』
~女性コーラスとバイオリンライブ~

2011/06/26/SUN @カトリック桂教会

柴田奈穂(violin) 島田篤(piano)

1. アヴェ・マリア(シューベルト)
2. オブリビオン
3. エスクアロ
4. 我は恋に病む
5. 星に願いを
6. スペイン
7. アヴェ・マリア(ピアソラ)
8. リベルタンゴ
enc.小さな空

阪急桂駅からすぐにあるカトリック桂教会は、奈穂ちゃんが子供の頃から縁があったそうで、楽屋として使わせてもらった部屋やあちらこちらに思い出が詰まっている様子だった。

教会は有名な建築家が設計したものだそうで、PCのマウスに少し似た形の内部で、祭壇後部に配されたステンドグラスの採光具合も、後光が射すような感じ。
居心地のいい落ち着く空間だった。

1部は女性合唱団・アンサンブル「風」の皆さん。
出番の準備をしていて残念ながら聴けなかったが、厳かな歌声が教会内に響いたことだろう。

そして我々の出番。

シューベルトの「アヴェ・マリア」に始まり、「エスクアロ」は久しぶりだったがこのデュオを重ねることも長いので無事に終えられた。

スコティッシュ・エアーの「我は恋に病む」。
原題「Tha Mi Tinn Leis A’ghaol」。
古風なタイトルのこの曲は本当にいい曲だ。
途中、込み上げて来るものがあり、涙が出そうになった。

そして「リベルタンゴ」。
他にも数曲アップされてます。

動画は全てharukaさんがアップしてくれました。
harukaさん、ありがとうございます。

終演後、いろんな人(中には子供の頃から知っているという人もいた)から声をかけられていた奈穂ちゃん。
募金も7万円ぐらい集まったそうで、全額カリタスジャパンさんを通じて被災地へ送られるそうです。

お越しの皆さん、ありがとうございました。
機材の運搬などいろいろお世話になった奈穂ちゃんのお父さん、関係者の方々ありがとうございました。

声をかけてくれた奈穂ちゃんお疲れさまでした。

さてさて、今月の〆のライブです。

『Inner Song』島田篤(vo,pf)弾き語りSOLO

2011/06/29/WED open18:30/start19:30~20:00
神戸【BIG APPLE
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1
前売¥1800/当日¥2000(+1drink)
♪前回『悪夢のバースデー』ライブも無事終わり、今回は純正SOLOです。
 たっぷりゆったり楽しめるので、是非!!

広告

柴田奈穂DUO」への2件のフィードバック

  1. お疲れさまでした!
    機材持ち込みなど、面倒くさいことにイヤな顔一つせずお付き合いくださって、ありがとうございました。
    お忙しい中、ご協力くださって、心から感謝しています。
    あの教会は、馴染みのある場所なので、心地良いと書いてくださったこと嬉しく読ませていただきました。
    デュオ、次は9月ですね。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中