テレジン もう蝶々はいない

水曜は早起きして東京へ。

ナチスドイツの卑劣で残酷な所業ユダヤ人絶滅作戦。
殺人工場アウシュビッツへ送り込まれる前にユダヤ人が集められた収容所の一つであるテレジン収容所。

そこで戦争が終わり閉鎖された時に見つかった沢山の子供達の絵や詩。

その地を訪れた時、たまたま展示されていたそれらを観て感銘を受けた野村路子さんは、以来テレジンを何度も訪れ取材し、日本でも知ってもらう活動を続けてこられました。

その一環の朗読と歌のコンサートが「テレジン もう蝶々はいない」です。

今回はイスラエル大使館のイスラエル建国記念の催しに声がかかり、ずっと作曲者の中村ヨシミツさんのギターで公演していたそうですが、ピアノでという要望があり初めて参加させていただきました。

唄うのは一昨年から京都嵐山の風遊舎でご一緒するようになった童謡歌手の西山琴恵さん。
西山さんはこのコンサートには最初から参加されていて、ギターの伴奏をピアノに置換えるのに誰が良いかいろいろ思案して私に声をかけてくれました。
ところが震災があり、会場が公共施設ということで17時には退館しなければならなくなり昼間の公演になった為、当日リハーサルをする予定でしたが当然できないので前日に東京へ行ってリハーサルを行うことになりました。

実は先週、西山さんが京都へ来られ、みっちりリハーサルをやっていたのですが、当日会場である千代田区 いきいきプラザ一番町 カスケードホールではいろんな準備でざざっと通しただけで、しかも西山さんが声を出すのをドクターストップという状態で、みっちりやっといて良かったねと話していました。

その後、場所を変えて西山さんと確認の為ちゃちゃっと合わせて、この日は解散。
1人で銀座をぶらぶらするには荷物もあったし疲れていたので、楽譜を見に行って銀座のビヤホールLIONへ。

ここは広くて天井も高くにぎやかだがうるさくない、少し暗めの照明もなんとも居心地が良く好きだ。

ちょっと飲んでホテルへの道中、蕎麦屋があったので入って鴨せいろを頼んだ。
旨かったんだが、出汁に入ってる白ネギは焼いておいて欲しかった〜。
ホテルに戻り、早起きした割には元気で、部屋で飲んでいるとまた腹が減り、近くのサラリーマンで賑わう飲み屋へ行き焼き鳥、ヌタ、煮込みなどをアテに焼酎水割りとホッピーを1杯ずつ。
帰りにまたビールを買ってうだうだとひとり部屋飲みして寝た。

翌日はホテル近くのちよだ鮨に行こうかと思っていたが、なんとなくそんな気分ではなく、メトロに乗って会場の最寄り麹町駅へ向かい、インド料理店AJANTAへ。
選べる2種類のカレー(マトンとチキンにした)とナンのセットを頼む。
ピリッと辛いマトンとヨーグルトがまろやかなチキン、テーブル上の香辛料の利いたタマネギとナン、旨かった〜〜。
こういう辛いカレーを食べていると、カレーは知的な大人の食べ物だなあ、と思う。
ともあれ、前日結構飲んだので、カレーで体内からシャキッとした。
カレー万歳!!

会場に着いて使用可能な時間になるまでのんびり。
1時に会場が開き入ると、まずイスラエル教会の総会があるそうで、チェックできるのは開場前の20分頃まで。
少し合わせて、総会が始まると、イスラエル大使が来るので楽屋の方へSPが。
さすがになかなか物々しい。

総会の間、楽屋で待って式典の時間になる。
ここで私は人生初の「君が代」と「イスラエル国歌」を伴奏することに。
なんだか、違う意味の緊張感がある中、それも無事終わり、本番を待つ。
琴恵さんは昨日よりマシとは言え、喉が本調子ではなく、何度も声をチェックしている中、待てど暮らせどスピーチが終わらない。
ただでさえ、普段のコンサートより短くしているのにだんだん最後に控えたテレジンの時間が削られるのではないかと、じりじりしてくる。

台本を書き、今日は朗読もする野村路子さんは待ち切れなくて、楽屋と外を行ったり来たり。
かなり押してきたので、私も開場袖へ行くとなんと野村さんが舞台上でもう読み始めている。
ひえ〜〜〜、と慌てて譜面と台本を取り袖へ行くとギリギリ間に合った。

ちょうど私が出て、ピアノを弾き始めるタイミング。
(だったんだろうか?しかし、誰も呼びに来ないとは、、、)
始まればもう、あっという間でした。

終わって勢い良く片付けが始まっている会場をそそくさと後にしようとすると、ホール入口にNさんがお土産を手にしていてビックリ!
入るのには手続きがいると聞いていたのですが、なんのことはなくすんなり入れたそうです。
せっかく来てくれたので入れたのは良かったですが、SP動員してる割にはアバウトなのは良かったんでしょうか?

ともあれ会場を後にして、打ち上げにも参加させていただき、お腹いっぱいになって新幹線に乗り込み京都駅に着いたのが23時過ぎ。
長いような短いような二日間でしたが、このコンサートに関われて嬉しかったです。
お世話になった皆さんありがとうございました。

野村路子さん、そして声をかけてくれた西山琴恵さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

今年から教科書にも野村さんの文章でテレジンのことが載っているそうです。
また演奏の機会がありますように。

テレジンに関する詳しいことは是非こちらのホームページをご覧下さい。
【テレジン 命のメッセージ】野村路子 http://homepage3.nifty.com/teresien/

———————————————————————

■『うつくしく乱雑なてのひら』

2011/6/4(土) open19:00/start19:30
大阪中崎町【CommonCafe】・・・地下鉄谷町線『中崎町』駅2・4番出口上る徒歩1分
06-6371-1800 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1
(※お店への直接の連絡は当日のみでお願いします)
チャージ:¥2000(+drink order)
●出演:

      
三角みづ紀(vocal)+島田篤(piano)+井谷享志(percussion)

♪あの3.11に東京で初共演する筈だった詩人・ミュージシャンの三角みづ紀さんが関西へやって来るとのことで実現したこのDUO。
ますますアブラの乗ってるクミ清野DUOを迎えて、静かに狂乱に熱い一夜になること間違い無し!
そして、三角みづ紀ユニットにも参加し大活躍中の井谷享志が急遽駆けつけて、この夜、東西きっての興奮のステージになること必至!!
【お問合せ】音波舎まで:ompasha@auone.jp

—————————————————————–

今後のライブの予定はこちら!!
島田篤 LIVE info.

広告

テレジン もう蝶々はいない」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 西山琴恵 @風遊舎 | shimalog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中